2007年01月16日

ゲームバランス

こんばんは。

本日は、ゲームバランスについて少し考えてみたいと思います。

もちろんドラゴンデータカードダスのゲームバランスです。

Z2のゲームバランスを崩した一番の要因は爆悟飯であるというは

まちがっていないと思います。あのパラメーターで

SRC+3。しかもコスト3。間違いなく最強のバトルカードです。

しかし、もう一つバランスが崩れた要因があると思います。

それはサポートカード。といってもZ2のサポートカードでは

なくZ1のサポートカードです。Z1のサポートカードは効果では

なく、レアリティでコストが決まっています。

ですので、かなり使い勝手がいいのにコストが低かったり、

使い勝手が悪くてもレアリティが悪いために、コストが

高かったりするカードが存在しました。

前者の代表格が、コスト1のものでいえば、限界ギリギリ・

鬼気迫る・あの世でのといった防御系サポートカードや

スカウター効果つきの戦闘力アップ。ミラクル全開パワー

などでしょう。コスト0のものでいえば、強者の一撃などの

3と1と0に振りわけられるカードや怒りの一撃などの

2と1と1に振り分けられるカードです。

これらのカードはそれぞれコストが1ずつ高くてもよかったと

思います。というのもZ2が始まる前私は、バトルカードを

コストを下げてサポ・イベで強化するのと、バトルカードに強い

カードを用い、サポ・イベはおまけ程度になってしまうのとは

ほぼ互角に戦えるようなゲームバランスになることを期待して

いました。しかし、ふたをあけてみるとどうでしょう?

制限などがないとたいていがコスト3以上のバトルカードを

スキャンされていますよね??コスト1に使えるサポート

カードが集中していますので、コスト3のバトルカードでも

コスト2以下のバトルカードでもスキャンするカードに

大差がないのです。1以下であれば、限界のかなたへなども

スキャンできますが、それでも防御系の方が使い勝手が

いい場合もあります。もし、上であげたようなカードのコストが

1高かったとしたら、3以上のカードには防御系などは使用

することができなかったですし、4のカードにはほんとに

微妙なカードだけしか使用することはできません。

その分、バトルカードの能力自体を高くしてあるわけですから

それで問題ないと思います。旧サポートカードのコストを

手を抜かずに効果によってきちんと定めておけば、

ここまで大きくゲームバランスが崩れなかったのではないかと

思うのです。そうすれば、もっと弱いバトルカードも活躍できた

のではないかと思っています。Z2の終わるというのになぜこのような

ことを書いているかというと、どうやら爆裂でもコスト制は

採用されているようなので、バ○ダイさんに同じ轍を踏まない

で欲しいからです。コスト制を採用し、全体のバランスを

整えようという試みがあったくせに、旧カードのコストバランスは

無視したり。限界突破はコスト3なのにイベント不可だったり、

爆飯がコスト4ではなく3だったり…コスト設定にミスが

あったことは間違いがないと思っています。

爆裂では、コストが高すぎたり、低すぎたりした場合には

他のゲームのように見直しをしたり、検討段階でしっかりと

考えてほしいと思っています。そして、もっとドラゴンボールが

好きな人にゲームやカードを作ってほしい!!自分はかなり

ドラゴンボールが好きです!しかし、開発陣にはドラゴンボールを

自分より好きだと思える方がいないのではないかと思います。

これだけのすごい素材を活かすも殺すもメーカー次第です。

次回の爆裂にはおおいに期待したいと思います。

なので、現段階ではあまり爆裂の不満を書いたりせず、

期待して待っていようと思っています。

みなさんも期待して待ってみませんか??

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 20:22| Comment(9) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。