2007年05月22日

爆烈インパクト1弾総括(デッキ編)

こんばんは。

爆烈インパクト1弾を軽く振り返ってみようと思います。

爆烈インパクトになってからというもの一気に人気が落ちて

しまいましたね。休日でもプレイされているのをほとんど

見ることがありません。なんでこんなに人気がなくなったん

でしょうかね?単純にドラゴンボールも長く続いているので

飽きがきたというのもあるのでしょうが、ゲーム自体が

お子さんにはちょっと難しいのかもしれませんね。

私は予想以上にゲームがおもしろかったのでシステムには

満足しています。その他にも旧バトルカードを使用不可にした

とか、カードのデザインが悪いとか、キラに魅力が

ないとか本当に色々な原因が重なって今の状況に結びついて

いるのでしょうね。ここまでくると、もとに戻すことが

できる打開策というのは、ないような気が…

人気がなくなって撤退ということになってほしくないので

なんとか今一度盛り上がりをみせて欲しいものです。

爆烈インパクトが稼動して、まずシステムがどのように

なっているのか検証しました。ドラゴンシグナルや

ドラゴンスパーク、ルーレットなど色々試してみて

最初に行きついた段階が、

無理にBBを狙うデッキにせず、デッキはバランスよく。

ルーレットはどうせ完璧に狙えないのだから最低でも

S技が発動できればいいということでした。

これが第1段階です。ですので、大会でも

コストフリーならシクレ・2つを+3するカード・60アップ

コストが4ならシクレ・2つを+3するカード・40%アップ

というデッキを組んでいました。しかし、ある日大会の

ある方の戦い方を見て、目からうろこというか考え方が一変

します。その方は、シクレに反撃の機会をスキャンして

カウンターはしっかりとBBを狙って、それを戦略に

組み込んでいました。今となっては当たり前のデッキ構築なの

ですが、このときは爆烈稼動からほんと間もなくだったので

スピンレベルが1あれば、ルーレットはしっかりと狙えば、

意図した技を出せるんだ!と勉強させられました。

それ以降は、コストが4だろうとフリーだろうと、

カウンターを6にして、BBを戦略に入れるデッキを組むように

なりました。ほとんどの大会をシクレ・反撃の機会・60%アップ

で参加しました。これが第2段階です。

これ以降は、私と相方とともにすごく勝率が上がっていきました。

(私たちはカードがとれたら銀でもオッケーくらいに考えてます

もちろん金がとれたらいうことなしですが)

爆烈はZ2と比べて、私に向いているシステム

だと思っています。

実際に数字に表してみても顕著に現れています。

私は、今までたしか、、、公式大会で7回優勝しています。

ブログを読み返せば、正確に何回だったかわかるのですが

めんどくさいので…優勝の内訳がZ2→4回、爆烈→3回です。

Z2は、約1年くらいの歳月をかけてようやく4回優勝しましたが

爆烈は、稼動から約2ヶ月で3回優勝しています。

相方の方も爆烈になってからカードをゲットする確率が

ほんとに高くなりました。このへんはまた大会編みたいな

感じで振り返ろうかなと思います。

デッキ構築に話を戻します。この第2段階が長く続き、

大会もほとんどの大会で反撃の機会を使用するデッキで

参加し続けました。しかし、第2弾が近づくにつれて

また少し検証を見直すようになります。

2弾ではセル対セルという構図の大会が思い描けるので

そうなるとお互いスピンレベル0での対戦になるんですよね。

スピンレベル1だとBBも戦略に組み込むことができる

と思っていたのですが、0だとちょっと確実性が低く

戦略というには偶発的すぎるんじゃないかな〜と考えていました。

しかし、検証もしてないうちから決め付けるのもあれだし

少しくらい練習してもいいだろうと思い、ある日から相方と

スピンレベル0で練習をするようになりました。

このへんは過去の記事にも書いたとおりです。

もちろんこの練習は、2弾用のつもりでした。1弾では

スピンレベル1で最強クラスのデッキが組めるわけですから

無理に0で大会に参加する必要はないと思っていましたし、

2弾のために少しでも慣れておこうというつもりで

練習していました。0で練習していると1がゆっくりに見えるので

あくまでも1弾でスピンレベル0で勝つための練習ではなく、

2弾以降のスピンレベル0に慣れる&1弾でスピンレベル1

で勝つための練習でした。しかし、先日の1弾の最後の大会前の

練習で、何の気なしに爆フリでスピンレベル0になれるための

練習をしていると、相方にシクレ悟空を使わせているのに

かかわらず6連勝くらいして練習中1度も負けませんでした。

爆フリでデッキを組むとWBB状態にできるのですが、

スピンレベル0の確実性の低さだと大会はきついと思って

いたので1度も使ったことがありませんでした。

しかし、練習を続けているうちに0にもなれてきてある程度

狙えるようになると、、、やはりBBの数が多いと、とても

有利であることに最後の大会の前にやっと気づきました。

これが第3段階です。爆フリを初めて使用した最後の大会の

結果は運良く優勝。第3段階にもっとはやく到達して

大会でもっとたくさん爆フリを試してみたかったです。

(勝てたかどうかは別問題ですが)

このように、1弾のうちにデッキに対する大枠の考え方が

変遷していったことは、Z2ではほとんどないことでした。

カードの収集に対する興味や周りの人気については

どんどん下がりましたが、ゲームの内容とかいったものには

どんどんとのめりこんだような気がします。

今ではZ2より好きだな〜と思うくらいです。

(Z2の復活も熱望していますが)

2弾以降は、大体の考え方も固まっていますし、

カードもセルがおそらく最強でしょうから同じ弾のうちに

これほど考え方が変遷するとは思いませんが、

楽しめるゲームであり続けてくれたらな〜と思います。

お金を使うことはできるだけ控えて、効率よくカード収集も

行いたいですね〜。稼動はいよいよあさって?

今までと比べるとそれほどではないですがやはり楽しみですね!

それでは今日はここまでです。

posted by 書士 at 21:03| Comment(4) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。