2008年02月28日

セリーグ

こんばんは。

やはり昨日の記事はあまり読めてもらえてないような

感じですね笑まあ私もあれだけ長々と書かれたらスルー

しちゃいますけどね笑

さて、本日はオープン戦も始まり開幕が近づいてきた

プロ野球について書こうと思います。

私のブログの訪問者の方は大半くいつかない話題だとは

思いますが、自分が書きたいことだったので書きます。

プロ野球といっても私は、カープのこと以外は詳しくなく

噂とかニュースとかで情報を得ている程度なので

パリーグのことはよくわかりません。セリーグでさえ

他の球団のことはあまり詳しくないのですが、

セリーグについて書いてみようと思います。

まず、順位予想をしてみます。

1 巨人(中日・阪神)

2 中日(巨人・阪神)

3 阪神(横浜)

4 横浜(阪神)

5 広島(ヤクルト)

6 ヤクルト(広島)

まあこんな感じになるのではないかと思います。

(  )の中は、入れ替わってもおかしくなさそうな球団と

いった感じです。

まず、巨人。

昨年から圧倒的な戦力を誇っていましたが、

今年は、最多勝グライシンガー、200本安打ラミレス

最速男クルーン、貴重な左腕藤田など、かなり補強しました。

この補強について結構批判がありますが、私はまあ

いいんじゃないの?と思います。プロなんだから勝つための

補強は当たり前。カープと違って資金も豊富なわけだし、

資金に難がないのに、全く補強しないのであれば逆に問題だと

思います。しかも補強ポイントもはずれてはいませんよ。

巨人は左の強打者は多いですが、右はあえていうなら二岡

くらいです。やはり、ある程度は右・左バランスよく打順を

組めるほうがいいとは思いますので、ラミレスは右の強打者として

巨人にとっては必要な戦力だと思います。

グライシンガーについても、上原が復活するとはいえ

計算できる右腕が加入すると、左右のバランスがかなり

よくなりますし、クルーンは上原が先発復帰したあとの

抑えとして必要な戦力です。昔の巨人の補強と比べると

理にかなっているといえる補強だと思います。

この補強は、結構他球団からも批判があがりましたが、

阪神さんだけは、あんな大きく批判しちゃだめでしょう…

だって、新井をとって、さらに巨人と同じグライシンガーも

福留も獲りにいったじゃないですか?それが、失敗に終わって

成功した球団に対して批判するというのはまずいでしょう…

ラミレスは、守備がまずいのでレフトしかポジションがなく

そのレフトには同じく守備がまずい金本がいるので

ラミレスは獲りにいけなかっただけ。クルーンに関しても

阪神の後の投手陣は12球団最強ですから必要なかっただけです。

後にJFKがおらず不安があったのならば、今の阪神なら

獲りにいったかもしれません。阪神は補強する側の球団

なんですから批判などせずに堂々と補強していけばいいと思います。

さて、話を戻しますが普通に考えれば巨人が優勝でしょう笑

1高橋

2谷

3ガッツ

4スンヨプ

5ラミレス

6二岡

7阿部

8脇谷?

なんという強力打線…HR数も軽く200本こえそうです。

率も残せるバッターばかりですし、カープの投手陣では

抑えるイメージが湧きません笑

ピッチャーも、上原が先発復帰、グライシンガー獲得

左は、ひさのりと内海。2年目の金刃など、

先発は右・左のバランスがよく揃っています。

先発陣は、セリーグでも最強クラスですよね。

弱点はやはり、抑えでしょうね。昨年の上原のような

安定感バツグンの抑えがいれば、優勝は間違いなし!と

思えますが、後のピッチャー陣はそれほど強くないイメージが

あります。先発がゲームを作っても後が壊すという

ケースも今シーズン結構あるかもしれません。

さらに、打線はかなり強力ですが守備力に関しては、

かなりきついものがあります。まず外野。故障もちの

高橋がライト。守備範囲がそれほど広くなく、今年はラミレスの

カバーも考えなければいけない谷がセンター。

守備力に関しては、まったく期待できないラミレスがレフト。

外野はかなりのファイヤーシフトです笑

内野も故障がちの二岡がショート。脇谷のセカンドもまだまだ。

どちらかというと、打力が目立つ阿部がキャッチャーと

お世辞にも守備がいいチームとはいえません。

さらに、今年は昨年より機動力が使えないチームになって

いますね。いくら強力打線といってもマークは厳しくなるでしょうし

エースクラスのピッチャーを多くぶつけられたら

打線がうまく機能しないことだってあると思います。

そんなとき、足や小技でリズムを作ったり、好機を見出すことも

できますが、今年の巨人にはそのへんは見込めそうもありません。

普通に考えれば、ダントツで優勝しそうな巨人ですが

全く穴がないというわけではありませんね。

といっても一番優勝に近いチームだとは思いますけどね笑

セリーグ全チームのことをさらっと書くつもりだったのですが、

巨人ファンのはちさんと色々話しているせいか

巨人だけでかなり書いちゃいました笑

ということで、2位以降の続きはまた気が向いたら書きます笑

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 21:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書士さん、こんばんは!お久しぶりです。

私も巨人ファンなので、書士さんの今日の記事をしっかりと分析させていただきました。(笑)やはり今年もセリーグは、巨人が優勝するでしょう!(CSはわかりませんが・・・・・・)

私は今年の巨人打線の4番はラミレスだと思いますよ。ラミレスを4番にすれば左右ジグザグ打線が組めますし、スンヨプはオリンピック絡みで、チームから一時抜けるかもしれないからです。(原監督の性格を考えると、4番は1年間固定にしそうなので・・・。)

守備に関しては、書士さんと同意見でかなり厳しいですね〜。投手に関しては、後ろが期待できない分、先発投手がどれだけ試合を作れるかが重要になってきそうな気がします。
Posted by 谷 研 at 2008年02月28日 23:51
こんにちは。
記事とは関係ない話ですいません。
ところで、PEの龍レア2種は
6弾と同じ様にプラカードなんでしょうか?
ご存知でしたら教えて下さい。
Posted by しおりパパ at 2008年02月29日 15:01
谷 研さん

4番はやっぱりラミレスなのですか?
去年4番を張っていた選手をいきなり
かえることはしないと思い
開幕はスンヨプだと思ってました…
いまさらのコメ返しでスイマセン…

しおりパパさん

コメント返し遅くなり申し訳ありません
でした…
龍レアがプラカードかどうかは
以前聞いたときは決まって
いないとのことでした。
ただ、傷など含めかなり不評だった
ようなのでもうないような
気もしますが…
Posted by 書士 at 2008年03月10日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87585633

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。