2007年06月03日

本日の大会結果と3弾先行情報?!

こんばんは。

本日は大会があったため、参加してきました。

エントリー数は20名。私と相方でエントリーしました。

4名落ちならなんとか当選するだろうとな〜と

思っていたら、、、なんと抽選もれ…相方はなんとか

当選しました。相方のお相手は知らない方だったので

どんなデッキを使ってくるかもわからないですし、

とりあえず、現在最強?と思っていた

爆悟飯・不屈の執念・チチを使用してもらうことにしました。

お相手のデッキは、烈セル・強烈な一撃・ブルマ。

ブルマ?!先日の記事のも書きましたが、今後BBを封じ込める

デッキの有用性を検証したいと思っていたため、

大会という本番でその検証結果を求めることができる

絶好のチャンスです。戦いの方はというと、、、

まず、相方が相手のスマッシュのBBを怖がりすぎて

しまいました。一応、検証しているときにセルがATを

強化してない場合でも「爆セル」のスマッシュBBなら

2500をちょっと超えるので注意したほうがいいという

ことを教えていて、烈セルのATなら大ダメージは

受けるが、1撃KOはないから必要以上に恐れることは

ないという話はしたことはあったのですが、、、

さすがにそこまで頭に入ってなかったみたいです。

結果、相方の手はカウンター中心になってしまい

そのへんが響き1回戦負けしてしまいました。

HPが満タンでスマッシュを1度だけ受けることが

できるうちにラッシュかスマッシュを押す冒険を

しておけば、勝つことができたかも?しれません。

もう一つの敗因は、相手が烈セルだということが

あまり意識になかったこと…ドラゴンスパークを積極的に

つけにいっていれば、結果論ですが勝てていたラウンドが

ありました。やはり、前もって教えていたことは

覚えて応用してくれますが、その場で相手のデッキに対応

するという考察力が少し足りないですね。。。

まあ今までたくさん勝ってくれたのでいいですが。。。

さて、肝心のBBを封じ込めるデッキですが、

まあまあよさそうですね。私は現在の

チチ飯デッキ(爆悟飯+チチ)同士の戦いがかなり苦手です。

あの「先に負けたもん勝ち」という状態がいやなんですよね〜…

初手じゃんけんに勝ったのにそれを悔やまないといけないん

ですよ…なので、私はチチ飯以外のデッキで大会に出たいと

思っています。そんな中このセル・強烈な一撃・ブルマ

なら初手を勝っても悔やむということがありません。

初手のじゃんけんに勝って相手にチチの効果が発動したと

してもすべてU技になりますので、トリプルBBという

絶対的な不利な状況にはなりません。さらにこちらは

スマッシュにBBがついているため、こちらはBBという

武器があり、相手のBBは封じ込めているという状況に

なります。ですので、ブルマを使用する場合には

初期アタックレベルの高いセルの方が悟飯よりは

有効だと言えると思います。

私が考えるチチ飯デッキ対抗策の一つですね。

ただ、BBを封じ込めても相手の攻撃は結構強力なので

その後のじゃんけんの駆け引き次第ではやられてしまいますけどね。

ただ、チチ飯デッキ同士の負けたもん勝ち状態が

お嫌いな方にはオススメかなと思いました。

今日は相方があっさり負けて非常に残念でしたが、

その方のデッキのおかげでBBを封じ込めるというデッキの

有効性が勉強できたので、その点はよかったです。

大会終了後は、ラブ&ドラゴンさんやひろにいたちと

時間をつぶし、BBHなどをやっていました。

2試合目の勝ち方がとにかく劇的でした。

9回表の相手の攻撃まで3対1で勝っていたのですが

実は私がとんでもないミスをしていました。

ずっとライトの守備位置に栗原(一塁手)を使っていて

それに気付いていなかったのです…よく9回までライトに

打球が飛ばなかったものです笑しかし、9回表に

平凡なライトフライが、、、するとなんかいつもと違う

変な守備で捕球できませんでした。あれっと思うと

守備についていたのは栗原…このまずい守備から連打に

つながり2失点…同点に追いつかれてしまいました…

9回裏は下位打線から…はっきりいってカープの下位打線の

得点能力は期待できません。不調の栗原に変えて

代打尾形。しかし、この尾形もサインを出してそれを

確実に成功させることがあるだけの選手ではありません。

なので、とにかくできるだけチャンスにしたいと思い

VSをしかけ強振MAXにしました。ここで、相方に

場所を選ばせると右下の隅っこ。すると、相手が投げてきたのも

右下の隅っこ!!HRにはなりませんでしたが、これが

3塁打!!!ノーアウト3塁です。次のバッターは白の

梵。スクイズにしようかと思いましたが、梵はバントがよくない

ので警戒をおそれ進塁打指示。ぼてぼての内野ゴロ。

ホームでは尾形が、、、、ギリギリセーフ!!

サヨナラ勝ちしました!相方ありがとう!!

本日の戦績は2勝1敗通算成績24勝21敗。

最近調子がまあまあいいです。

排出カードでは、新SP横浜の吉村?でした。

カープじゃない…よかったらカープの新SPと交換して

頂ける方いませんか??

その後、ラブ&ドラゴンさんご一家と15分100円で

遊べる複合アミューズメント施設みたいなとこにいって

はしゃいできました。しかし疲れた…

それと、訂正が昨日書いたピッコロデッキの記事ですが、

バトラーどらごんパパさんの助言のおかげで

思ったより、強いデッキだということを認識しました。

月曜くらいの記事で訂正検証記事を掲載させて頂こうと

思っていますので、昨日の記事はあまり参考しないように笑

それと、タイトルの3弾先行情報の件ですが

もうじき発売の月刊ジャンプの情報だそうです。

しかし、あまりにも先の情報を見たくないという方も

いらっしゃると思いますので、見たくない方は

下をクリックせずにスルーしてくださいね。

それでは今日はここまでです。衝撃の3弾先行情報!!
posted by 書士 at 00:21| Comment(10) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

2弾のピッコロ

こんばんは。

昨日に引続き、脇役のデッキのお話でも。。。

といってもこのデッキはすでに有名でしょうから

簡単に書きますね。2弾の神コロ様は、結構強いですよね。

スピンレベル+1でさらに精神と時の部屋の効果を

持つカードならコストの上限が+1になります。

そして、一番注目されるのが最初からドラゴンシグナル

全点灯という点ですよね!つまり、じゃんけんに負けない

限りは、ドラゴンスパークを発動させることができます。

そして、ドラゴンスパーク発動後はある戦略が使えますよね?

そう追い出し作戦です。つまり天下一武道会場を使って

リングアウトを狙ってしまうのです。ドラゴンスパークが

発動するとじゃんけんに負けても逆転勝ちとなるので、

スマッシュの黒い的さえ押しておけば、必ずリングアウト

させることができるのです。Vジャンプかなにかで

ピッコロの能力を見たときには、瞬間移動を持たないキャラ

相手には、めちゃくちゃ有効じゃん!とかなり期待しましたが、

今ではそれほどでもありません。。。なぜかというとその頃には

BBのアイコで負けた場合には、逆転勝ちが発動しないという

ことを知らなかったからです…1弾では、大会でもシクレ

悟空が大半でしたので、ドラゴンスパーク発動→逆転勝ち

なんてのはほとんど見ることがありませんでした。

なので、知らなかったんですよね。こうなるとピッコロさん

ちょっと使いにくいキャラになってしまいます。

対戦を想定しながら説明してみますと、

ピッコロのデッキは、ピッコロ・反撃の機会・天下一武道会場

これでいいのではないかと思います。デッキを組むときの

ポイントは、スマッシュのアタックレベルをできるだけ

あげない。これは、何も技が表示されていない

黒い的がリングアウトの対象攻撃になるため、アタック

レベルを上げすぎてしまうと、黒い的が狭くなり狙うことが

難しくなります。そして、もう一つのポイントが初期から

カウンターのアタックレベルが高いため、反撃の機会で

さらに高めて、BBを活用できるようにしておくことです。

さきほども書きましたが、勝ちかアイコでドラゴンスパーク

発動となるわけですから、BBが一つでもあるというのは

勝ちかアイコにする上ではかなり確率が違ってきますからね。

特に相手は、リングアウトが怖いからカウンターを押しやすい

はずです。そのカウンターにBBをかぶせることができるため

カウンターはBBに仕上げておくのがいいでしょう。

相手のデッキは、最強?クラスの

爆悟飯・不屈の執念・チチということにしましょうか?

このデッキ同士の戦いの場合には、アイコを狙うというのが

一番ポイントになります。まずは、勝ってしまったときの

ことから考えてみます。

初手、ピッコロがじゃんけんに勝ったとします。

すると、ピッコロ→ドラゴンスパーク発動。

悟飯→チチの効果でスマッシュ7ラッシュ8カウンター8の

トリプルBB状態です。ピッコロ+天下一デッキの

一番の売りは、強制リングアウト勝ちですが、

こうなってしまうとリングアウトを狙うのは

至難の業です…というのも、ルーレットを注意してみていれば

相手が大体なんの手を押したのかわかってしまいますから…

相手のルーレットをよく見るというのは爆烈になってから

非常に大切な要素になりましたね。

ピッコロを使用している人が、ルーレットの大体2時の方向で

とめたとするならば、おそらくスマッシュの黒的を狙った

のだろうということになります。このときには、相手のリング

アウトに負けないようにスマッシュのBBをかぶせ

強制逆転勝ちを防いでしまえばいいのです。6時の方向ならば、

カウンターかラッシュの確率が高くなります。

もちろんそれを逆手にとって6の方向でもスマッシュとか

2時くらいの方向でもカウンターとかいった作戦も

ないことはないですが、そんなことするくらいなら

無理にピッコロデッキを使用する必要はないですよね?

ピッコロがものすごく好きでピッコロでしか戦いたくないという

のならば、話は別ですが。。。つまり、一度じゃんけんに

勝ってしまうと相手にBBが表示されてしまうので、

強制逆転勝ちのリングアウトを防がれてしまう可能性が

高いのです。これが、初手がアイコなら話は別です。

初手がアイコなら悟飯にチチの効果は発動しないので、

SRCともにBBは表示されていません。ですから

この状況になれば、ほぼ勝てるのではないかと思います。

ただ、相手もずっとスマッシュを押し続けてバーストが

3回続いたあとの勝敗がどうなるのかはまだ検証していない

のでよくわかりません。このように当初かなり使えるのでは?

と思っていたピッコロは2弾のカードがあまりにも

BBが表示されるようにデッキを仕上げやすかった結果

ちょっと活用は難しいデッキになってしまいました。

相方はピッコロで大会に出てみたいといってたので

少々残念です。瞬間移動を持つキャラには、もっと通用

しにくいデッキだというのは言うまでもないですよね…?

やっぱり爆レア2枚が強いのでしょうか?

だからこそ爆レアといえるのかもしれませんが、

脇役が活躍する姿ももっと見たいなと思う今日この頃です。。。

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 19:56| Comment(8) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

ドクターゲロデッキ

こんばんは。

本日は、私もコメントを頂いたり、各ブログでも話題の

ドクターゲロデッキを試してみました。

ドクターゲロを手に入れたときには、「気弾バースト対象技を

相手が発動した場合には強制アイコにする」みたいな

能力が書かれていて、だったらS技クラスを相手が押さないと

だめなんだ〜と思い、これは使えないなと思い込んでいました。

(大会などで慣れた方ならアタックレベル3以上なら

ほぼU技はとめてくるため)

しかし、あれだけ話題になるとためしてみたくなり

先ほど仕事が終わってから試してきました。

もしかして、U技でも強制アイコなのか?と

期待に胸を膨らませて…

デッキは、ゲロ・狙いすました攻撃・40%アップ

相手にしたデッキは、セル・狙いますした攻撃・チチ

悟飯・狙いすました攻撃・チチ。アタックカードを

色々と出すのが面倒だったので、固定で試してみました。

まず、セルのデッキの意図は、このデッキならいわゆる

気弾バースト対象技というのは存在しません。

気弾バースト対象技が多いカウンターのセルの技は

エネルギーフィールド。これは、気孔波を手から放つタイプの

技ではないので、S技でもU技でも対象ではありません。

スマッシュにはS技で対象技のかめはめ波がありますが

7まで上げているとルーレット上には最低でU技の

超かめはめ波が表示されるため、これは対象技では

ありません。まずためしたのは、U技も気孔波系の技なら

強制アイコにするのか?という点です。

すると、当初思っていたとおりアイコになりません…

当然エネルギーフィールドのS技もアイコにできませんでした。

次に、悟飯の方はというと。カウンターは5ですから

S技のかめはめ波(対象技)も表示されていますが、

U技の的もそれなりに広いため、たとえスピンレベルが0

だとしてもなれた方ならとめるのは難しくありません。

U技の超かめはめ波を発動させてみると、、、やっぱり

アイコになりませんでした。ちなみにかめはめ波は

ちゃんとアイコになりました。スマッシュは、龍翔拳なので

当然ですが対象技ではありません。

相手の悟飯がカウンターが2のままのデッキを組んでいると

したら強制アイコを活用できますが、現状のデッキ構築では

悟飯のカウンターを上げないというパターンはあまり

存在しないのでこれを期待するわけにもいきません。

悟飯・S+4・40%アップ。このようなデッキを相手が

組んでくれれば、相手のカウンターはほぼS技しか表示

されていないため強制アイコ狙いも可能ですが、

スマッシュを押したところに相手のスマッシュのBBを

かぶされることもあるでしょう。

このゲロの利点は、気孔波吸収能力よりむしろ

狙いすました攻撃をつかえば、初手からWBBを活用できる

という点かな?と思いました。実際に4プレイして

私が3回ゲロを使ったのですが、3回とも勝ちました。

しかし、悟飯・チチの組合せと比べれば相手とするには

ずっと楽な印象が。。。あくまでもノーマルカードとしては

爆レアクラスとも互角に近い戦いができるから強いという

ことでしょうか?それとも私が気付いていない意図がまだ

他にも??爆レアを相手に強制アイコを活用しようと

思った場合には、悟飯がカウンターを一切強化しなかった

ときだけしか活用しにくいです。セルは初期からスマッシュは

4なので、4あればU技の超かめはめ波を外すことなく

ねらうのはほぼ可能です。つまり、なれた方ならセルで

気弾バースト対象技を押すということはないはずです。

爆レア禁止大会!とかだったらかなり強いような気も

するのですが、カード制限がない場合には爆レアカードの

方が強いような気がするのですが。。。検証された方いますか?

ゲロは初手からWBBは強力ですが、HPが低いため

1撃でやられてしまうこともざらなんですよね…

しかし、爆レアを持っていない方などが爆と互角に近い

戦いのできるこのゲロのカードは、いいカードですね。

昨日書いた関連のあるキャラの特殊能力を強化して

ほしいという望みにはマッチしています。

4プレイしただけなので、まだまだ検証不足かも

しれませんからあまり参考にしすぎないように。。。

ゲロの魅力はこんなもんじゃない!という方がいらっしゃったら

ぜひ教えてくださいね!今日の記事はゲロのデッキに対して文句が

あるわけではないので、誤解なさらないように。。。

また週末にでも試してみたいと思います。

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 22:03| Comment(3) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

パラレルの真相と潜在能力解放への期待

こんばんは。

本日は残業だったので、少し更新が遅くなりました。

まあ毎日多少は残業なんですが、本日は20:00を

過ぎる中程度の残業でした。

さて、2弾ではシクレのトランクスが金髪と紫髪で2種類

存在しますが、どっちがシクレでどっちがパラレルなんだ?

と結構話題になってますよね?その辺をバ○ダイさんに

確かめてみました。すると、どっちが元絵というわけでも

なく両方パラレルカード。(シクレ)とのことでした。

もともとパラレルという意味を和訳すると、平行とか

並列とかそういった意味があるので、パラレルというのは

レアリティという訳ではなく、平行して2種類のカードが

存在するよという呼び方みたいなものです。平行という

からには、2種類あるのが前提ですからどっちがパラレル

という定義はないそうです。あくまでレアリティはシクレ。

それが、平行して2種類あるのでパラレルの「状態」と

いったとこでしょうか?ですから排出率も金髪・紫髪とまったく

同じ確率です。(両方2パックに1枚)

潜在能力解放モードが近づいてきました。現段階では、

タイムマシーンカードをスキャンすることで、

能力解放ができるようですが、旧カードの能力的な取扱いに

ついても少しだけ見えてきました。私としては、多少期待に

沿っているかな〜という感想です。

さらに、もしかしたらですが同じ筐体で2つのモードも

遊べるようになるかもしれませんよ??

Z2モードも復活の可能性があるかもしれません。

やはり、Z2モード復活については、要望する声もそれなり

にあるみたいですね〜。現在爆烈インパクトが稼動しています。

私的には、ゲームとしては非常におもしろいものになったと

思っていますし、当初はZ2の方が絶対おもしろいに決まって

いる!と思っていましたが、今では爆烈もかなり好きになって

います。しかし、現実にプレイ人口はかなり減少して

いるでしょうし、Z2が好きだったという方も多いのでは

ないでしょうか?爆烈が好きとはいいましたが、私も

Z2は大好きでしたので、両方楽しめるとなれば、

いうことはありません。我々ユーザーにとって

2つのモードを選択してプレイできるというのは、いいことは

あっても悪いことはないですよね?

Z2モードが遊べるならば、苦労して集めたZ2のカードも

Z2専用の能力を存分に活用することができ、無駄には

なりません。もちろん現行の稼動タイトルは爆烈であるいじょう

爆烈がメインで今後も盛り上がっていけばいいですが、

Z2モード復活!となれば、話題性も十分ですし

引退された方もプレイする程度かもしれませんが、

戻ってきてくれるかもしれませんよね??

これは、あくまでも可能性の段階です。みなさんが本当に

Z2モードの復活をのぞみ、それを声にしてくだされば、

その可能性はもっともっと高まると思っています。

バ○ダイさんはみなさんの声を気にしてくれていますし、

聞いてくれていますよ。

大好きなドラゴンボールデータカードダスがもう一度

盛り上がってもらいたいと思い、少しでも

なにか行動が起こせればな〜と思って書いています。

せっかくブログを書いているわけですしね。

一度、失った興味を戻すというのはとても難しいことだと

思います。絵柄を魅力的なものにする。キラを魅力的な

ものにする。キラの間隔を短くする。人気復活のために

バ○ダイさんも色々と考えてくれているとは思います。

もうなにをやっても現在の状況を簡単に打破できるような

起死回生の策はないのかもしれませんが、Z2モード復活は

少なくとも現状考えることができる人気復活策の中では

一番期待が持てる内容ではないでしょうか?

少しでも多くの方に、今日の内容に共感して頂けたら

幸いです。その声は必ずバ○ダイさんに届くと思います。

今後もドラゴンボールデータカードダスを楽しんでいけたら

いいですね!!

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 22:09| Comment(10) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

デッキの相性

こんばんは。

土日に大会に参加してみて感じたことを書こうと思います。

FEの頃ほどではありませんが、デッキの相性が出てくるように

なりました。1弾の頃は、シクレ悟空で堅実に戦うか

もしくは、烈フリで派手に戦うかみたいな構図でしたが、

(私は最後でやっと爆フリという選択肢を得ました。もっと

試したかった…)

2弾ではいわゆる3すくみの状態に近いものが存在します。

@爆セル・爆悟飯+40%アップ(グー)

A烈フリ+パーフェクトなパワー+奇襲(チョキ)

B爆セル・爆悟飯+チチ(パー)

@番は基本能力の高い爆レアのカードにコスト0のアタック

カードをスキャンし(スマッシュ+4かカウンター+4などが主流)

40%アップするカードをスキャンします。

このデッキのメリットは、HPとATが高く戦いやすいところ

とくにHPが高いので相手の最強クラスの技をくらわない限りは

一撃でやられたりはしません。デメリットは、やはり

あきらかに警戒されてしまう手が出来てしまうので、

出し手がある程度限定されるという点でしょうか。

代表例として、爆セル・S+4はスマッシュが全的BBなので

このスマッシュをあまり押させてもらえません。

Aのデッキは1弾のデッキのバージョンアップ版といった

ところなので、詳しい説明はいいですね。

メリットはもちろん初手のトリプルBB+ダメージ2倍

デメリットは初手をとられるとほぼ負けという点です。

HPも低いため、相手のデッキによっては

1発KOも多くあるでしょう。

Bのデッキは、チチを使用することによる1回負けてなんぼの

デッキです。爆悟飯にチチを使用する場合のデッキ例

(1)爆悟飯・不屈の執念(冷静な判断)・チチ

(2)爆悟飯・狙いすました攻撃(戦闘のエキスパート)・チチ

こんな感じです。(1)のデッキは、完全に一度じゃんけんに

負けたあとに期待するデッキです。悟飯の初期アタックレベルは

S3R2C2です。不屈の執念を使用すると

S3R4C4となり、一度じゃんけんに負けるとオール+4

なので、S7R8C8となります。ラッシュとカウンターは

全的BB、スマッシュも7まで上がればちょっとなれた方なら

ほぼ外すことはないはずです。つまり、一度じゃんけんに負けると

トリプルBBとなります。冷静な判断を使用しても

同じことが言えますが、初期アタックをS3R5C5と

してもあまりメリットがありません。というのも、アタック

レベル5で表示されるBBを早いラウンドで確実にとめるのは

かなり困難ですからこれを戦略に組み込んであてにするというのは

現実的ではないように思います。なので、初期では4と5には

大差はありません。ドラゴンシグナルがスマッシュに点灯

する分、不屈の執念の方が使い勝手がいいような気がします。

(爆飯を手に入れるのが遅かったのでこのへんはまだまだ検証不足。)

(2)のデッキは、負けたあとのことも考えながら、

じゃんけんに負けなくてもBBを活かしていこうという

意図です。狙いすました攻撃を使用した場合、

初期アタックがS6R2C5なので、SのBBを活かすことが

可能です。狙いすました攻撃と戦闘のエキスパートのどちらを

使用するかは、じゃんけんに負けたあとの全的BBをどこに

表示させたいかの好みです。スマッシュとラッシュを全的BBに

したいなら戦闘のエキスパート。スマッシュとカウンターを

全的BBにしたいならねらいすました攻撃。

全的BBにならなかった残りの一つの手もアタックレベル6

でさらに、一度じゃんけんに負けているということは

ラウンド2以降ですからBBを意図して狙うことも可能です。

つまり、(2)のデッキでもトリプルBB状態ともいえますが、

(1)のデッキと比べると、全的BBでない手が7と6という

違いがあります。6と7では目押しの確率に結構な差が

出ますからね〜。

次に爆セルにチチを使用する場合には、戦闘のエキスパート

がおすすめでしょうか?爆悟飯より初期アタックレベルが

高いため、チチの効果を発動させなくても複数BBで

戦うことができます。デッキ例

爆セル・戦闘のエキスパート・チチ

初期アタックレベルは、S7R6C2。

スマッシュはほぼ確実にBBを押せますし、6あれば

ラッシュもそれなりに初手から押せると思います。

爆悟飯より、チチ効果発動前はBBを使いやすいですが

発動後は、爆悟飯ほどの力を発揮しません。

S8R8C4。スマッシュとラッシュは全的BBですが、

カウンターは4なのでBBが表示されません。

なので、セルか悟飯はチチ発動前後でどう戦いたいかに

よってお好みで使用してください。

セルを使用する場合には、チチの効果を発動させなくても

BBを活用するデッキに仕上げるのがいいと思います。

話を戻します。このBのデッキのメリットは、

一度じゃんけんに負けたあとはかなりの強さを発動するという

こと。デメリットは一度負けるのが前提というところが

あるので、チチの効果発動前にKOされるおそれが

あるということです。上記のような3つパターンで

3すくみの状態になります。

@のデッキは、Bのデッキに弱いです。

@のデッキは、一つだけ強力な手があるので

Bのデッキとしては、それだけをくらわないようなじゃんけんを

選択すればいいのです。ダメージが低い攻撃を食らったあとは

複数BBでがんがん押せます。もちろん複数BBがあっても

100%勝つわけではありませんが、やはり非常に有利な

はずです。しかし、このBのデッキはAのようなデッキには

つらいです。Bはチチを使用しているので、HPはそれほど

高くありません。(2500前後)初手からトリプルBBさらに

奇襲でダメージ2倍なので、ドラゴンラッシュを最初に

とめるか1度くらった段階でとめる以外ではKOされて

しまいます。ただし、トリプルBBをかいくぐって

初手をとれれば、相手もHPが低いのでそのままKOもしくは

次ラウンド以降ほぼ勝つような展開にはなるでしょう。

Aのデッキは@のようなデッキが苦手です。

HPが高いので、せっかくトリプルBBをあてても

1発KOができないからです。ドラゴンラッシュを3回あてた

ときだけはKO可能だとは思います。

このように、FEの頃のフルデッキ・経験の差・複数ブースター

のような3すくみの関係が爆烈2弾でも存在してきました。

ただ、FEの頃のように、フルデッキを使ったときに

相手に経験の差を使われていたら、ほぼ負けとか

経験の差を使用していないデッキでフルデッキを使われても

ほぼ負けとかいったようなほど派手ではないですけどね。

あの頃は、画面にデッキが表示されただけで、ほぼ勝敗が

わかるような試合が多くありましたからね〜…

それに比べれば、今回の3すくみは不利な方のデッキだとしても

チャンスは十分にあると思います。

私が参加する会場は、デッキ変更不可というところが多いので

変更不可のような会場では、Bのタイプのデッキ。

特に爆飯・チチがかなり強いのではないでしょうか?

変更不可の会場でAのタイプのデッキはちょっとばくちな

ような気がしますしね。変更可の会場ならば、

今後ははげしいデッキの読み合いになるかもしれませんね。

う〜ん、またも爆飯時代到来?(今度は少年ですが)

Z2の頃の爆飯に比べるとそこまで凶悪ではありませんが、

くしくもまたも2弾で爆飯デッキという単語が使用されるように

なりましたね。1発勝負はきらいですが、2弾になって

デッキは幅がひろがり多彩になってきたのは喜ばしいことです。

今後は相手のBBを封じ込めるデッキの有用性などを

時間があったら検証してみたいとは思っています。

今後は、どんなあっと驚くデッキが登場するのか楽しみです。

おすすめがあったらぜひ教えてくださいね!

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 21:47| Comment(5) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

デッキ検証(さわりだけ)

こんばんは。

本日は仕事が終わって帰宅後、軽くデッキ検証をしてきました。

試したのは、、、

@セル(爆&烈)・S+4・40%アップ

Aセル・パーフェクトなパワー・15%アップ

B爆悟飯・S+4・40%アップ

C爆悟飯・狙いすました攻撃・チチ

大体このようなデッキを試してみました。

まあ最初に試すべき定番になりそうなデッキの系等だと

思います。ちなみに爆悟飯はまだ排出してませんので

自作カードで試しました…

まず、最初の感想から爆悟飯って強くないですか??

セル全盛時代になるかと思われてましたが、

悟飯かなり強いですね!まずBのデッキは、

スマッシュを7に仕上げているのでスマッシュは初手から

BBを狙うことが可能です。ラッシュとカウンターは

アタックレベルが低いのですが、あまり問題がありません。

ATがかなり高いため、カウンターのSP技のかめはめ波

でさえ、1900超…つまり、烈セル&40%アップ以外

のデッキはカウンター2発で全て倒せてしまいます。。。

相手がセルの場合には、あきらかに相手に早押しを

されたとき以外にはスマッシュのBBも活かしてみても

いいかもしれません。ただ、やはり早押しの関係で

こっちもスマッシュを押したと読まれやすいといも

言えます。この悟飯残念なのが、HPです。

あと100だけでもいいので高かったらもっと魅力的な

カードでした。対爆セルを想定した場合に、

爆セルが40%アップを使用してきた場合のスマッシュの

BBのダメージは3507(少しくらい間違ってると思います…)

悟飯にもう少しHPがあれば、爆セルのBBに一度だけ

耐えることができるので、戦い方の幅がかなり広がった

はずです。その後激昂も活かせたはずですから。。。

しかし、爆セルが相手の場合には、スマッシュを受けると

問答無用でKOされるので、どうしても初手のじゃんけんが

限定されがちになるのが、多少難点ともいえます。

さらに、こちらのスマッシュのBBは魔閃光改なので

いわゆる元気玉や親子かめはめ波、龍拳などのような

アクションが切り替わる最強技の扱いではないため

早押しで勝ってBBを当てたとしても1撃ではありません。

ただ、基本的なスペックが高いので、あまり相手を

選ばないデッキといえると思います。

次にCのデッキ。これも反則ですね〜…

チチは孫家族はじゃんけんに負けるとオール+4

つまり、じゃんけんに負けたあとは、2つはWBB

もう一つも悪くて6以上のため、トリプルBBとも

言えます。しかし、このデッキも戦い方が結構限定されがち

です。1発はダメージを受けないといけないわけですが、

セルのBBなんかをくらうとHPが低いので

KOされてしまいます。相手の一番弱い手だけをくらうような

押してに最初は限定されてしまいます。負けたあとは

BBの数はかなり有利ですが、ATは3000とそれほど

でもないため、相手のHPがMAXならば、(カードは爆クラス)

カウンター以外では即座に仕留めることができません。

親子かめはめ波はATが2倍扱いなのでAT6000で

ダメージが計算されるので、あてればほぼ勝ちです。

(スパークで半減以外)ただし、一度じゃんけんに負けて

ダメージを受けていますから、次はじゃんけんに負けにくいとは

いえ負けたらKOされてしまいます。

爆悟飯の魅力は相手がセルだとしても常にスピンレベル1で

戦える点にもあると思います。

爆悟飯の弱点は、瞬間移動能力がないので

ピッコロ+天下一あたりでしょうか?

セルに関してはやはりスマッシュ+4が一番いいのかな〜

本当はアタックレベルを複数上げていきたいのですが

そうなると40%アップが使用できないのがつらい

ところです。パーフェクトなパワーを使えば

どの手でも大技が出せるのですが、やはりHPに難が…

ただ、どのデッキでも絶対これが勝つといった感じには

ならず、当然ですがその時のじゃんけんの読みと冴え

次第になります。それにしても勝負がはやい…

ほんとに1発勝負時代になってきましたね。。。

最後に収集状況を上記検証中11クレ目にキラっとしたものが

みると激フリーザ。。。微妙…でもプレイしながらなので

いいとします。トータル30クレ爆セル・烈セル・激フリ

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 21:59| Comment(3) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

爆烈インパクト1弾総括(デッキ編)

こんばんは。

爆烈インパクト1弾を軽く振り返ってみようと思います。

爆烈インパクトになってからというもの一気に人気が落ちて

しまいましたね。休日でもプレイされているのをほとんど

見ることがありません。なんでこんなに人気がなくなったん

でしょうかね?単純にドラゴンボールも長く続いているので

飽きがきたというのもあるのでしょうが、ゲーム自体が

お子さんにはちょっと難しいのかもしれませんね。

私は予想以上にゲームがおもしろかったのでシステムには

満足しています。その他にも旧バトルカードを使用不可にした

とか、カードのデザインが悪いとか、キラに魅力が

ないとか本当に色々な原因が重なって今の状況に結びついて

いるのでしょうね。ここまでくると、もとに戻すことが

できる打開策というのは、ないような気が…

人気がなくなって撤退ということになってほしくないので

なんとか今一度盛り上がりをみせて欲しいものです。

爆烈インパクトが稼動して、まずシステムがどのように

なっているのか検証しました。ドラゴンシグナルや

ドラゴンスパーク、ルーレットなど色々試してみて

最初に行きついた段階が、

無理にBBを狙うデッキにせず、デッキはバランスよく。

ルーレットはどうせ完璧に狙えないのだから最低でも

S技が発動できればいいということでした。

これが第1段階です。ですので、大会でも

コストフリーならシクレ・2つを+3するカード・60アップ

コストが4ならシクレ・2つを+3するカード・40%アップ

というデッキを組んでいました。しかし、ある日大会の

ある方の戦い方を見て、目からうろこというか考え方が一変

します。その方は、シクレに反撃の機会をスキャンして

カウンターはしっかりとBBを狙って、それを戦略に

組み込んでいました。今となっては当たり前のデッキ構築なの

ですが、このときは爆烈稼動からほんと間もなくだったので

スピンレベルが1あれば、ルーレットはしっかりと狙えば、

意図した技を出せるんだ!と勉強させられました。

それ以降は、コストが4だろうとフリーだろうと、

カウンターを6にして、BBを戦略に入れるデッキを組むように

なりました。ほとんどの大会をシクレ・反撃の機会・60%アップ

で参加しました。これが第2段階です。

これ以降は、私と相方とともにすごく勝率が上がっていきました。

(私たちはカードがとれたら銀でもオッケーくらいに考えてます

もちろん金がとれたらいうことなしですが)

爆烈はZ2と比べて、私に向いているシステム

だと思っています。

実際に数字に表してみても顕著に現れています。

私は、今までたしか、、、公式大会で7回優勝しています。

ブログを読み返せば、正確に何回だったかわかるのですが

めんどくさいので…優勝の内訳がZ2→4回、爆烈→3回です。

Z2は、約1年くらいの歳月をかけてようやく4回優勝しましたが

爆烈は、稼動から約2ヶ月で3回優勝しています。

相方の方も爆烈になってからカードをゲットする確率が

ほんとに高くなりました。このへんはまた大会編みたいな

感じで振り返ろうかなと思います。

デッキ構築に話を戻します。この第2段階が長く続き、

大会もほとんどの大会で反撃の機会を使用するデッキで

参加し続けました。しかし、第2弾が近づくにつれて

また少し検証を見直すようになります。

2弾ではセル対セルという構図の大会が思い描けるので

そうなるとお互いスピンレベル0での対戦になるんですよね。

スピンレベル1だとBBも戦略に組み込むことができる

と思っていたのですが、0だとちょっと確実性が低く

戦略というには偶発的すぎるんじゃないかな〜と考えていました。

しかし、検証もしてないうちから決め付けるのもあれだし

少しくらい練習してもいいだろうと思い、ある日から相方と

スピンレベル0で練習をするようになりました。

このへんは過去の記事にも書いたとおりです。

もちろんこの練習は、2弾用のつもりでした。1弾では

スピンレベル1で最強クラスのデッキが組めるわけですから

無理に0で大会に参加する必要はないと思っていましたし、

2弾のために少しでも慣れておこうというつもりで

練習していました。0で練習していると1がゆっくりに見えるので

あくまでも1弾でスピンレベル0で勝つための練習ではなく、

2弾以降のスピンレベル0に慣れる&1弾でスピンレベル1

で勝つための練習でした。しかし、先日の1弾の最後の大会前の

練習で、何の気なしに爆フリでスピンレベル0になれるための

練習をしていると、相方にシクレ悟空を使わせているのに

かかわらず6連勝くらいして練習中1度も負けませんでした。

爆フリでデッキを組むとWBB状態にできるのですが、

スピンレベル0の確実性の低さだと大会はきついと思って

いたので1度も使ったことがありませんでした。

しかし、練習を続けているうちに0にもなれてきてある程度

狙えるようになると、、、やはりBBの数が多いと、とても

有利であることに最後の大会の前にやっと気づきました。

これが第3段階です。爆フリを初めて使用した最後の大会の

結果は運良く優勝。第3段階にもっとはやく到達して

大会でもっとたくさん爆フリを試してみたかったです。

(勝てたかどうかは別問題ですが)

このように、1弾のうちにデッキに対する大枠の考え方が

変遷していったことは、Z2ではほとんどないことでした。

カードの収集に対する興味や周りの人気については

どんどん下がりましたが、ゲームの内容とかいったものには

どんどんとのめりこんだような気がします。

今ではZ2より好きだな〜と思うくらいです。

(Z2の復活も熱望していますが)

2弾以降は、大体の考え方も固まっていますし、

カードもセルがおそらく最強でしょうから同じ弾のうちに

これほど考え方が変遷するとは思いませんが、

楽しめるゲームであり続けてくれたらな〜と思います。

お金を使うことはできるだけ控えて、効率よくカード収集も

行いたいですね〜。稼動はいよいよあさって?

今までと比べるとそれほどではないですがやはり楽しみですね!

それでは今日はここまでです。

posted by 書士 at 21:03| Comment(4) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

2弾について

こんばんは。

Vジャンプや公式HPなどで2弾のカードがお披露目

されましたね。セル以外に強そうなカードはないかな〜と

目を通してみましたが、やはり爆にしても烈にしても

セルのスペックは高いですね。1弾では、爆悟空とシクレ悟空は

コストは同じく1なのに、能力的な面はシクレが完全に

上回っていました。2弾では、爆と烈では能力の違いが

あるので、その点は評価できますね。

瞬間移動がない分烈セルの方が使い勝手がよくなさそうな

感じはしますが、HPが2800と高いのは戦いやすそうですね!

40%アップを使用すれば、HPが3920となり

爆セルに40%アップを使用した場合の3360を大きく

上回ることになります。ATは200低いですが

烈セルでも十分に戦えそうな感じですね。しかし、Vジャンプ

などからは一番肝心?なことがわかりません。。。

それは烈セルの初期アタックレベル。もし、烈のセルの

初期アタックレベルが爆セルより高いのだとすれば、

爆セルより戦いやすいカードになる「かも」しれません。

カウンターのアタックレベルが爆セルより1高い

というのが理想です。瞬間移動がないというデメリットが

あるのだからこのアタックレベルでバランスをとって

くれてもいいかな〜とは期待しているのですが。。。

この辺は初期アタックレベルがわかりましたら

また検証して記事にしてみたいと思っています。

その他におもしろいかな〜と思ったカードはチチですが、

悟飯につけて、じゃんけんに負けると一気にアタックレベル+4

というのはたしかに魅力ですが、アシストカードによる

能力アップを一切すててしまうことになるため、

ちょっと厳しいのではないかな〜と思っています。

あとは、新ピッコロはおもしろいカードですね。

おもしろいデッキが組めそうです。

初期アタックレベルがきになるところですが

それ次第ではさらにおもしろいデッキに仕上げることが

できるかもしれません。このへんも初期アタックレベルが

わからないことには妄想もできません。。。

せっかくHP・ATや特殊能力を公開してくれても

アタックレベルを公開してくれないと〜。

パラメーターや特殊能力を公開したら満足すると思ってたら

大間違いですよ!!まあこれは稼動までのお楽しみという

ことにしておきましょう。

最後に、大会賞品参加賞はかわるようですが(タイムマシーン)

優勝・準優勝はどうやらかわらない?!

まだ確定というわけではないのですが、先日変わるみたいな

ことを記事にしてしまったので、一旦訂正させて頂きます。

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 20:33| Comment(5) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

潜在能力解放

こんばんは。

またもや先ほどまで野球を見ていました。

大阪に引っ越してきてからは、阪神戦くらいしか

TV中継を見れないため阪神戦はできるだけ見るように

しています。今日はひやひやの勝利。これで勝率5割復帰です!

先発の高橋建が7回まで1失点と好投。オープン戦当初は調子が

よく、ローテーション候補と目されていましたが、

後半で失速。結局シーズンが始まっても2軍スタートでした。

しかし、そこはさすがにベテラン。2軍でしっかりと

調整をしてきたのでしょう。ここ数試合はほんとにいい

投球をしています。8回ルーキーの宮崎が2アウト

とってこのまま8回は宮崎が抑えさせるのだろうな〜と

思っていたら、、、2アウトからストッパーの永川が

登板…またブラウン監督の奇策でしょうか?結果、

8回・9回とピンチの連続。ムードは完全に阪神に

いってましたので、正直同点もしくは逆転まで考えて

しまいましたが、結果はなんとか抑えこれで4連勝!

9回は見てられない展開で今日は本当に負けを覚悟しました。

話は変わりますが、潜在能力解放の時期が迫ってきていますね。

バージョンアップによって、Z1・Z2のバトルカードが

使用可能となるわけですが、能力やコストとのバランス

などはどうするつもりでしょうか?今のところ考えられるが

HPとATは据え置きだというのはほぼ間違いないような

気がします。バ○ダイさんはZ1からZ2のバージョンアップに

伴う旧カードの扱いについては見直しをせずに能力も

そのままでしたし、コストはレアリティによって一律

揃えてしまうという手抜きをします。今回の潜在能力解放でも

HPやATなどは間違いなくそのままでしょう。

ここで問題となるのがコストの問題。

Z1とZ2には同名の同形態のキャラが存在します。

例えば、破壊王子やブウの各種形態などです。

Z1の破壊王子はHP3000AT2400でコスト2

Z2の破壊王子はHP2000AT2600でコスト3

パラメーターだけを見ると、Z1の破壊王子の方が

コストも低く使いやすいように思います。

これは、Z2では、Z2専用の特殊能力があったために

コストが3と高く設定されているのが一番の理由です。

他の例としても、ブウ純粋を例にしてみますと。

Z1のブウ純粋はHP2800AT2800でコスト2

Z2のブウ純粋はHP1600AT2500でコスト4

パラメーターはZ1の方が高いのにかかわらずコストは

Z2の方が圧倒的に高いです。

つまり、コストの見直しを一切せずに解放ということに

なると、Z1のカードの方が活躍をしそうな気配です。

おそらくそんな面倒な見直しはしないだろうと思うので

パラメーターは高いのにコストは低いという矛盾したカードが

存在することになります。本来、このへんにももっと力を

入れて、ゲームとして全体のバランスなどを整えて

もらいたいものですが、売上が大幅に落ちているだろう現状では

そこまではしないでしょうね。ある程度、

旧カードのバランスを整えるにはいくつか案があります。

@パラメーターをきちんと精査した上で、全ての旧カードに

能力に見合ったコストを割り振る。

↑ほぼされることはないでしょう。めんどくさそうですし。

AZ2のカードは、Z2固有の特殊能力の分コストが高いので

それに代わる、爆烈用の能力を付加する。

↑これをやってしまうと、今後登場する爆烈の新規カードとの

差異がなくなるおそれがあり、売上減に直結してしまうので

おそらくこれもないでしょう。

B初期アタックレベルのバランスをとる

↑Z2のカードの方がパラメーターが低く、さらにコストが

高い分初期のアタックレベルを高めに設定するという

ことです。しかし、Z2でのバ○ダイさんのやり方を

見ていても、画面上で同じ姿をしたキャラは基本的に

技の発動タイミングもほぼ同じだったりしたので、

同じキャラなのに細かくアタックレベルを動かすというのは

ないような気もします。そもそも、旧カードのアタックレベルの

取扱いが現段階ではまだ不明ですしね。

結局は、とりあえず使えるようにするというだけで、

コストが高いのに弱いとかコストが低いのに強いとか

いった、ゲームの根幹にかかわる部分には目をつぶって

しまうような気がします。このようなやっつけの潜在能力解放で

はたして、客足は戻ってくるのかこれからに注目です。

いい意味で期待を裏切ってもらい、全体的なバランスを

整えてくれているといいとは思いますが。。。

潜在能力解放というものには、賛成という方がほとんど

なのだと思いますが、私個人の考えとしては、

なにも見直しをせずにただ使えるだけにするだけの

解放は反対です。でも、お子さんの目線にたって考えると

そんな細かいバランスなんかどうでもよく、せっかく手に入れた

キラキラしたカードや自分の好きなかっこいいキャラが

使えるようになるだけでもいいのかもしれませんね。

私には子供がいないので、どうもこの辺は大人目線というか

自分本位の考えを展開してしまいます。

だからこういった自分の意見はブログに書きたいんですよね。

お子さんがいらっしゃる方の意見や私とは真逆の考えの方の

意見なども聞くことができたりするので。

ドラゴンボールデータカードダスの新弾以外の一つの

目玉でもある潜在能力解放モード。ユーザーのみなさんから

どういった評価の声が上がるのか、今から楽しみです。

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 21:31| Comment(4) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

パラレル…

こんばんは。

昨日の記事の最後にちらっと書きましたが、

シクレトランクスに絵柄違いのパラレルカードが

登場するみたいですね…明日の記事楽しみにしてます

といったコメントをたくさん頂きましたが、

たいしたことは書けませんのであしからず。。。

さて、売上減を補填するためにバ○ダイさんがやるだろうと

思っていたことがまさに行われてしまいますね。

排出率が低いレアリティを増やし、揃えにくくする

ことで相対的に減った人数の一人一人の使う金額を

大きくしようという狙いですね。

売上が減ってしまったのなら、企業として魅力ある

カード、魅力あるゲームを展開していくことを

第一に考えそして、失った過去のユーザーを取り戻すか

もしくは、あらたなユーザーの裾野を広げることを

考えるべきだとは思うのですが、失ったユーザーを

取り戻すというのが容易ではないということがわかって

いるのか、今残っているユーザーから搾り取ろうという

狙いのようです。本来、お子様向けゲームだとは

思うのですが、今のバ○ダイさんにはお子さんは全く

見えておらず、大人のコレクターしか視野に入って

いないようですね。ドラゴンボールデータカードダスが

大好きな私ですが、さすがにあきれます。

当のバ○ダイさんはこれで本当に売上が戻ると思って

いるのでしょうか?私はむしろ逆効果にもなりかねないと

思っています。パラレルカードの排出率は公表は

されないのでしょうが、シクレがおそらく2パックに

1枚くらいだろうという予想と、以前の超カードに

存在した「腕組みべジット」のことを合わせて

考えてみると、4パックに1枚もしくは、6パックに

1枚くらいの排出率ではないかと予想できます。

こんなものレンコして自力で狙うような数字じゃないですよ…

私はこの排出率を予想したときに、1弾より一層レンコを

抑えようとまず第一に頭に浮かびました。

1弾でも差引12Kくらいの投資で、今までと比べると

ほんとにお金を使わなくなりました。

その1弾よりもできるだけお金を使いたくないと感じました。

(もちろんレアリティがかなり追加されますし、1弾くらいの

投資額では揃えるのはかなり困難だとは思いますが…)

あまりにも揃えることが難しいとなるとだったら

もう必要なカードだけ手に入れればいいやという風に

思う方も少なくないと思うんですよね。

しかも、このパラレルトランクスの能力的なものは

わかりませんが、もしシクレと絵柄しか違わないという

ことであれば、大会でも全く必要ではありません。

つまり、焦って手に入れる必要は全くなく相場が

落ちた頃にオクなどで手に入れてもいいわけです。

もちろん自力で手に入れることができればそれが

一番いいですが、私は無理にレンコで排出しようとは

思わず、手に入らないなら相場が落ちるのを待って

オクで手に入れようと思います。最初こそパラレルの

値段は結構つくかもしれませんが、今はほんとに相場が

落ちるのがはやいですからね〜。排出率と比べると

かなりお得な金額で落札できるようになるでしょう。

もしこれが、セルなんかがパラレルだったら大変

でしたが…今後能力的に強くて活躍するカードが

パラレルなんかで登場したらと思うとぞっとしますね…

今まで、踊らされてきた私が言うのもなんですが、

みなさんも手に入らなければ、別の方法で手に入れたら

いいやくらいの気持ちで踊らされることなく

このやり方に無言の抗議をしてみてはいかがでしょう?

うまくこのパラレルが早期に手に入ったらこれを

手放して、別のカードにかえた方がいいとすら考えます。

バ○ダイさんはこのパラレルカード狙いで、

全国のコレクターさんが爆レンコする姿を想像して

いるのでしょうか?逆に現在残っている根強いユーザー

さんたちがあきれてしまわないかの方が心配です。。。

今回のパラレルの排出率がわかりませんが、もし

私が予想しているような排出率になってしまったら…

このパラレルの存在を知ったユーザーさんは

怒っていたり、あきれていたりしている方も少なく

ないと思いますよ〜。喜んでいる方っていないような

気がするのですが…現在のユーザーさんに見放されたら

どうするんですか?バ○ダイさん!

常識的な排出率であることを願います。

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 20:07| Comment(12) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

大会賞品

こんばんは。

今日は大会の賞品について少し。

現在の大会の賞品は、参加賞・優勝・準優勝全て

カードですが、私は弾ごとに裏の天下一認定証というのは

そのままで、表の絵柄が変更されるのではないか?

と心配していました。でもどうやら変更はないみたいで

安心しています。何度も書いてしつこいですが、

私のドラゴンボールデータカードダスに対する

一番の目標というか執着は、全カードを収集することです。

ですから、優勝・準優勝しないと手に入らないカード

というのは、私にとっては収集が難しいカードです。

これが、弾ごとに変わってしまうと、そのたびに大会で

優勝する必要があります。現在の1弾での大会は、

運がいいことにFEのころと比べるとかなり勝率が

アップしているため、カードは揃えることが

できましたが、2弾以降はほんとに自信がありません。

おそらく決勝に進めるのは今の半分以下、もしくは

3分の1以下くらいになるような気がします。

ですから、コンプのために金・銀揃えるのはとても

難しくなってくるはずです。絵柄がころころ変わらないのなら

揃えやすくなります。ただ、私の希望としては

優勝賞品はカードじゃなく以前のように箱にしてほしい

んです。もちろん私はコレクターなので、

カードの方が嬉しいですし、気合も入ります。

しかし、賞品がカードということになると熱くなりすぎて

しまうんですよね〜…箱や団扇のころなら

相方が負けたりしてもあまり気にせずにいたのですが

1弾稼動当初くらいの大会で相方をものすごく怒った

ことがあります…そのときは準決勝で負けてしまった

んです。やはり、カードがかかっているからこれほど

熱くなってしまい、怒ってしまったのだと反省しています。

その後は、大会のことで怒ったら罰金1万円という

ルールを決めて同じことを繰り返さないように努力しています笑

といっても、そのルールを決めたあとに怒ったというか

ぐちってしまったことがあって、完全に怒ったという

わけではないので、5千円の罰金で見逃してもらいました笑

だから、カードじゃなく箱にしてほしいです。

これが、以前のような団扇になってしまうと全く

欲しくないので、大会に出る楽しみが半減してしまいますが

箱なら実用性も高く、カードほどではありませんが、

欲しいと思えるものですからそれなりに大会での

目標もできます。しかし、カードほどこだわりが

ないので熱くなりすぎずちょうどいいと私は思っている

んですよね〜。まあ完全に私の個人的な意見ですが。

参加賞に関しては、カードで大賛成です。

参加賞ですから簡単に手に入るので、それがもとで

相方とけんかになることはないでしょうし、

以前のようなじゃんけんガードやシールははっきりいって

ゴミみたいなもの(失礼?)で何枚もあるとむしろじゃまに

なってきますが、カードならやはりそれなりに大切に

しますから参加賞はカードが一番いいです。

ただ、バ○ダイさんからすれば、箱に戻す理由はおそらく

ないでしょうね〜。カードの方がユーザーにも喜ばれ

需要も大きいでしょうし、さらに作成の原価も箱と

比べるとはるかにやすいでしょうからね〜。

バ○ダイにとっては原価のほとんどかからない紙切れが

ユーザーに原価の高い箱より喜ばれるわけですから。

できれば、ずっとカードというふうにはせずに

カードになったり、箱になったりと時期によって

分けてくれることを望みます。

今日は完全に自分のわがままというか、個人的な意見だけに

なってしまいましたね。駄文にお付き合い頂き

ありがとうございました。

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

コンプしました。

こんばんは。

本日はほとんどなにもしなかったです。

夏服になると半そでを着るため、私は夏だけ腕に

アクセサリーをつけます。昨年まで使用していた腕輪が

もうかなりぼろくなっていたため近所で新しい腕輪を

購入してきました。偶然またもやインドのアクセサリー

でした。それを購入したくらいであとはなにも…

とりあえずホームに行ってラブ&ドラゴンさんの

奥さんと話たりしていました。

最近ラブ&ドラゴンさんの息子さんが恐竜キングに

はまっていて大会に参加しているのですが、

なんと本日3度目の挑戦にして初優勝!!

恐竜って思っていたよりも奥が深く色々と頭を

つかわないといけませんね〜。とりあえず2000の

恐竜を手に入れて大会に1度くらい出てみようかな?

とか少し考えています。詳しい方ぜひ教えてください。

さて、タイトルのお話ですが、やっとこさ

バーコードカードをコンプすることができました。

最後の難関のあのカードを手に入れましたよ。↓

CIMG0861.JPG

そうプラ版のゴジータです。2枚手に入れたわけ

ではないですからね。左がプラゴジです。

右は以前記事に書いたことがありますが、

ある方から頂いたノーマル版ゴジータです。

プラゴジをどのようにゲットしたかというと

先月に浪速会と東海の方のオフ会があったときに

浪速会メンバーがあるカードショップにいったときに

偶然発見。それをひろにいから教えてもらい、

色々迷った末、購入してきました。

前回オクで落札して返金してもらったいわくつきの

ものとは違い、今回のものは100%本物でした。

価格は32200円…はい正直いって高いですよ。。。

8月頃の潜在能力開放の時期以降に再配布を検討して

いるようなので、そこまで待てばこれほどの出費を

しなくても買えるだろうということはわかっていたので

非常に迷いましたが、、、結局がまんできず買って

しまいました。オクではこれ以下の値段で落札

されたのは見たことはありませんし、それなりに

お買い得だとは思いますが、やはり再配布された先の

ことを考えるとちょっといたい出費ですね。。。

思えば、ジャンフェスの大会にすら参加できなかった

私がよく2枚とも手に入れることができたと思います。

とくにノーマル版は無償で頂いたので、本当に感謝して

います。その方にはあらためてお礼をしたいと思います。

プラゴジ購入の際もどらごんパパさんにご自身がもって

いるプラゴジと特徴を比較してもらったりして

本当にお世話になりました。このお礼もまた後日。。。

これでなんとかバーコードカードコンプに至りました。

今ではこれほどこだわって収集している方も

ほとんどいないんだと思います。半分は意地ですね笑

コンプといっても、超カード6弾の附属カードは

オクで購入したものと、破壊王子さんに交換してもらった

ものが届くまでは、厳密には手元にはありません。

さらに、超カード1弾にエラーカードがあり、

それを正規のカードと交換してもらえるということを

ある方のコメントで教えてもらい、現在バ○ダイさんに

送っているので、それも手元にはありませんから

仮コンプといったところですね。

今後は、このように手に入れにくいカードが登場しない

ことを祈るばかりです…

また機会があったら全てのバーコードカード紹介したいと

思っています。

今後は、のんびりと登場したカードを集めていきたいですね。

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 21:19| Comment(9) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

2弾はセルと悟飯の2大勢力?

こんばんは。

2弾の情報もかなり紹介されてきましたね。

爆レアのセルと悟飯がとても強く2大勢力といった

感じになりそうです。セルの方が強いかな〜?

というのが今の感想ですが、これはまだ稼動して

みないとわかりませんね。期待のシクレはトランクス…

ビジュアルの面はともかくとして、能力は2大勢力に

対抗できそうにはないカードです。それにしても

バ○ダイさん。今までシークレットだけは事前に

公開しないというのだけは守っていたのに、事前に公開

したらシークレットでもなんでもないじゃないですか…

売上減が響いているからか購買意欲を誘うために

情報をどんどんと先出ししてしまっていますね…

爆レアの2枚が強いであろうというのは言うまでも

ないのですが、今ある情報でこの2枚以外にも

戦えそうなカードはないものでしょうか?

1番の候補はやはり烈フリーザでしょうか?

セルと悟飯は非常に強いですが、コストは当然1弾の

カードより高い2となっています。

コスト4の大会を前提として考えますと、

今まで3枚目に頻繁にスキャンされていた、WE〜は

使用できません。新アタックカードとアシストカードを

あまり把握していないのですが、現在のアタックカード

などを例にデッキを考えてみます。

@セル・S+4・40%アップ(コスト2のカード)

Aセル・S+3R+3・20%アップ(コスト1のカード)

Bセル・新アタックカード(おそらくコスト2)・15%アップ

現在、予想できるデッキ例として3つ上げてみました。

@はスマッシュを4上げてスマッシュは全的BBに

しています。アタックカードのコストが0のため

残り2をアシストカードに回せ、40%アップの

カードを選択可能です。超神水などですね。

すると、HP3360・AT3920となります。

60%アップできなくても十分に強力ですね…

Aのデッキは、スマッシュを+3して7に上げて

ラッシュを+3にして6に上げています。

ちょっと目押しが上手いかたならWBBを戦略に

組み込めます。しかし、アタックにコスト1使って

いるため、アシストに回せるコストは1のみで

20%アップしか望めません。

HP2880AT3360。弱くはありませんが

ちょっと物足りない気もしますね〜。

Bは本当に予想です。おそらくアタックカードでコスト2の

カードが出ると思うので、アタックレベルの面で有利に

しておきます。その分アシストは15%アップのカリン様

しか使えません。HP2760AT3220

これならAと能力があまり変わらないので、Bを

選択してみるのもいいかもしれませんね。

しかし、昨日の記事で書きましたが、アタックレベルを

上げても技の段階は上がりますがダメージは上がらないので

2弾でもATを高めにするデッキが主力になるのかも

しれません。そうなると@系のデッキですね。

烈フリーザの話に戻しますね。上のデッキ例を見ていて

気付くのは2弾のデッキでも1弾のデッキと比べて

HPはそうかわらないという点です。

ですから初手からBBという有利性を活かして

速攻をしかければ、烈フリでも勝機はあると思います。

ただ、やはり1か8かであり確実性というものからは

非常に遠い存在ではあります。でも全く通用しないという

ことはなさそうですね。

次の候補として新悟空。

シクレ悟空よりATが高くさらにコストを1上乗せ

できるというのが魅力です。

デッキとして、コスト4の大会でも

悟空・冷静な判断・WE〜が使用可能です。

(コストは5になっちゃいますがカードの能力として

設定しているのでコスト4の大会でもオッケーの

はずですよね??)

このデッキですと、S1R5C6となります。

1弾シクレ悟空はカウンターが初期は2だったため

SとRを犠牲にして反撃の機会を使用してCを6

にする必要がありました。しかし、2弾悟空は

カウンターの初期レベルが3のためカウンターを6

にしてBBを活かしていった上でさらにもう一つの

手を上昇させることができます。シクレ悟空だと

冷静な判断などをスキャンすると3枚目にWE〜が

スキャンできなかったのですが、精神と時の部屋の

効果でスキャン可能です。シクレ悟空だとカウンターの

BBは活かせても他の手のダメージは小さいという

ストレスがありましたが、その点は改善されます。

HP3200AT3520とWE〜を使用しているため

セルと比べても見劣りしません。ただ、一つ大きな

問題があります…相手がセルだとこちらのスピンレベルは

0になってしまうため、おそらくアタックレベル6で

BBを活かすのは非常に難しくなると思います。

ただでさえ大会のときには目押しの精度が下がるのに

スピンレベルが0では肝心なときにミスをするでしょう…

人造人間の能力にスピンレベル−1さえなければ

この悟空も強いカードだったとは思うんですけどね〜…

対抗でき「そう」というカードを考えてみましたが

対抗できないことはないというレベルでやはりセルが

最強といった印象です。悟飯もスピンレベルが2なのに

セル相手だとマイナスされて1になってしまい。

セルとスピンレベルの点でも互角になってしまうので

アタックレベルの点でセルよりは下といった感じが

しますしね〜。。。2弾の大会はセル祭かな…

新アタックカードやアシストカードに期待して

あっと驚くようなデッキが登場するといいですね!

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 20:24| Comment(6) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

勘違いしていたこと

こんばんは。

本日は昨日の大会中に気付いたことの続きです。

私はシステムの中心の部分を大きく勘違いしていました。

こんなことに気付いていなくてずっとプレイしていたのか?

というつっこみが入りそうですが、本当に勘違いしていました。

まずなにを勘違いしていたのか結論から書きますと

ダメージのことです。Z2の感覚があったからだとは

思うのですが、私は今までダメージ計算は

AT×「アタックレベル」×技の段階(一部技の名前)

によって決定されているのだと思っていました。

しかし、そうではなくて、AT×技の段階(一部技の名前)

で決定されているのですね〜。どういうことかと

いいますと、例えばシクレ悟空を使用した場合に

反撃の機会をスキャンすると、ラッシュのアタックレベルは2

冷静な判断をスキャンするとラッシュのアタックレベルは5

です。ATはWE〜使用時の3200ということで

話を進めます。私は冷静な判断を使用した悟空と

何度も対戦したことがあります。そのとき超龍撃拳で

1800超のダメージをくらっていたので、

やっぱりアタックレベルが5あるから2とはダメージが

違うな〜と思っていました。しかし、これは相手の目押しが

上手くてちゃんとU技でとめていたというだけだったん

ですね〜。アタックレベルを5に上げていようと

S技で超龍撃拳を発動させた場合には、2のS技の

超龍撃拳と同じ1075しかダメージを与えることが

できません。今までの対戦相手の目押しがなまじ上手かった

分気付くのが遅くなりました。昨日の大会では、

冷静な判断をスキャンされている方が比較的多く

観戦していると、超龍撃拳が発動していました。

私は、アタック5まであげているから1800超えるな〜

と思って見ていると1075だったのでびっくりしました。

こんなことに気付いていなかったんですよ?よくそれなり

に勝ってこれていましたね笑上で書いた「一部技の名前」

というのはどういうことかというと、

同じAT×同じ技の段階でも技の名前によってダメージが

違うケースも多くあるのです。

例として、シクレ悟空のBBは瞬間移動かめはめ波

爆悟空の広い方の的のBBは超かめはめ波。

ATが同じ3200で、技の段階は同じBBですが

瞬間移動かめはめ波のダメージは2800超

超かめはめ波のダメージは1800超と違いが

あります。他の例としては、烈フリなんかがわかり

やすいですよね?初手からWBBというのが定番の

デッキですが、同じAT×BBでもスマッシュの

「デスボール」の方がカウンターの「デススライサー」

よりダメージが大きいですよね?ですから

AT×技の段階+α、技の名前でもダメージは

変わってくるということです。

では、このことをデッキ構築に活かすことを考えたい

ですよね?例えば、シクレ悟空でスマッシュと

活かしたいとするならば、スマッシュを無理に5まで

上げる必要はありません。4まであげればU技が

十分に狙えるので、5まであげて的を拡げる必要は

ないんですね。もちろん5まで上げるとルーレット上に

BBが出現するというメリットもありますが、

5で出現するBBを戦略に組み込むのはかなり難しい

ですよ。ですから4まで上げるのと5まで上げるには

大差ないと思ってもらってもいいと思います。

アタックレベルが4でも5でもU技にさえとめれば

ダメージは一緒ですからね。

(ただし、ある程度ルーレットが狙える場合)

といっても説明するために、シクレ悟空の

スマッシュを例として出しましたが、シクレ悟空の

スマッシュを活かしていこうという方はあまりいらっしゃら

ないですよね?現段階で、アタックレベルがダメージに

関係ないという点が一番デッキとして関係してくる

キャラは、、、烈フリーザだと思います。

私は、列フリを使う場合には今までは狙いすました攻撃

を使用してきました。スマッシュとカウンターが全的BB

になるのももちろんなのですが、7よりZまで上げている

方がダメージが大きいと思っていたからです。

しかし、アタックレベルが7でもZでもダメージが変わらない

ということであれば、話が変わってきます。

烈フリーザはアタックレベルが初期はオール7です。

アタックレベルが7あれば、ちょっと慣れた方なら

的は十分BBを狙える広さです。しかし、烈フリは

スピンレベルが0…的は比較的広いですが、

スピンが早すぎて、確実に止めることができるとは

限りません。だったら、動きの予測を使用すれば

いいのです。今までは、アタックレベルが上昇しない

動きの予測は損なカードのように思っていましたが、

烈フリはいきなりオール7なのでこれ以上上げる

必要はありません。動きの予測によって

スピンレベルを+1とすれば、初手はトリプルBBを

ほぼ確実に狙えます。(シクレ悟空のカウンター6の

2ラウンド目にBBを狙えるというのが目押しの水準です)

動きの予測というだめカードと思われていたカードを

今現在一番活かすことができるバトルカードが

烈フリだと思います。ただ、大会がコスト4が中心の

会場ではちょっとつらいかもしれません。。。

コスト4なら烈フリーザ・動きの予測・奇襲

これで、初手は実質トリプルBB。

スマッシュが当れば、シクレ+WE〜でもKO

ラッシュがあった場合は、ドラゴンラッシュを2発

当てればKO。カウンターは1撃でKOには至りません。

当然ですが、初手を取られるとほぼ負けです。

コストフリーの大会ならば、

烈フリーザ・動きの予測・WE〜がいいかと。

初手はトリプルBB。ただし、スマッシュとカウンターは

当てても1撃でKOには至りません。ラッシュも

ドラゴンラッシュを止められるとKOにはなりません。

初手を取られるとかなりキツイですが。

2ラウンド目でもアタックレベルはオール5で

U技はルーレット上に3手ともあるので逆転は

可能です。今までの定番デッキだとスピンレベルが0

なので、5のときのU技を確実に狙っていくのは

多少難しかったのですが、動きの予測で+1しているため

5なら簡単に狙えます。WE〜でATを3200まで

上げているためU技が当れば結構強力ですよ!

HPもそれなりに上げてあるので、少し粘れますし

逆転しやすくなると思います。今までより初手をとられて

からの負けの確率は下がるのではないかと期待しています。

今日の内容は多くの方が当たり前と思ってプレイして

いたことかもしれません。私はほんとに昨日気付きました…

知っていた方には役に立たない内容となってしまいましたが

あまりつっこみはいれないでくださいね。

わかりにくい文章で色々と書いてしまい申し訳

ありませんでした。。。

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 21:01| Comment(5) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

ミスプリカード

こんばんは。

本日は少し残業だったため更新が少し遅くなりました。

ドラゴンボールデータカードダスには色々なミスプリ

カードがありましたよね?目指すコンプの形は

違えどもこのミスプリカードも収集の対象であるという

方は少なくはないのではないでしょうか?

現在私が把握しているミスプリカードですが、

(訂正版が再配布されたもの)

Z11弾ノーマルカード 16号

Z11弾ノーマルカード 17号

Z11弾ノーマルカード 18号

Z11弾激レアカード 魔人ブウ悪

Z15弾ノーマルカード 驚愕の連撃

Z17弾ノーマルカード 希望の光

Z23弾ノーマルカード 先手必勝

超カードゲーム リミットブレイカー無効

以上です。もっとたくさんあると思っていたのですが

意外と少ないですね。(もれがある可能性はあります

ご了承ください)ノーマルカードのミスプリはまあ

すぐ手に入るので問題ないですが、激レアのミスプリは

つらいですね。現在のような状況であれば、

ミスプリを次の弾で訂正されても激レア自体にあまり

価値観がなくなってきているので、それほどでも

ありませんが、Z1の最初の頃は両方とも手に入れようと

思ったら結構大変だったのではないでしょうか?

私はZ13弾から始めて、最初に引いた激レアが

魔人ブウでした。このときはイルフラッシュに訂正

されていました。ミスプリにまでこだわってなかった

頃ですが、ミスプリがあると知ってぜひ手に入れよう!

と思って自分の所有カードを見てみると、以前

爆レア限界突破を落札したときのおまけに激レアブウが

ついていて、それがミスプリ版のカードだったのに

驚いたことがあります。

現在ミスプリまで収集対象の方にとって一番

手に入れにくいのが、リミットブレイカー無効でしょうか?

私は、ある方の好意によって偶然先行販売時にコンプセットを

譲って頂きました。(そういえばお礼してないです)

そのカードがまさか後々にこのような貴重なカードに

なるとは。。。もしかしたら私にこのリミブレ無効の

ミスプリ版を存在させてしまった一因があるかもしれません。

先行発売時に頂いたリミットブレイカー無効の

カードを見ていてあることに気付きました。

リミブレ無効はコスト0のはずなのに、カードの表記は

☆2つ。なんでコスト2なんだろうと思って、

試しにスキャンしてみると、、、画面上には

リミットブレイカー破りの文字が。。。

これは、おもしろい発見をしたとスキャンした日に

記事にしました。するとそれを見た方がそのことを

バ○ダイさんに伝えたのです。そして数日後、

超カードゲームの発売日の延期が決定しました。

あまりにもタイミングのよい延期だったため、

もしかしてこの指摘を受けたから訂正版を作成する

ための発売延期なのでは?と思いましたよ。

もしかしたら結構貴重なカードになるかも?

と少し期待もしました。

案の定、正規の販売ではリミットブレイカー無効は

スキャンしてもリミットブレイカー無効でした。

自分のブログにも少ないながら影響力というものが

あるのだな〜と思いました。(うぬぼれですね…)

最後に、バ○ダイさん的見解では、最凶のミスプリ

カードが存在する可能性があります。それは

プラ版ゴジータ…以前模様なしのものをオクで落札

したのですが、バ○ダイに送ると正規の品との回答

さすがに私は納得できなかったので、出品者の方に

返金してもらいましたが、本当に模様なしのものが

正規品として出回っているのでしょうか?

本物を見たことがある方ならわかると思うのですが、

あのプラゴジの模様が製造工程上差でついたり、

つかなかったりするものとはどうしても思えません。

今でも、模様なしプラゴジの存在は気になっているんです

よね〜。。。返品せずに置いておけばよかったかな〜?

でも金額も大きかったですから返品に応じてもらえて

よかったとは思いますが。。。

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 21:53| Comment(5) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

脳内デッキ検証

こんばんは。

本日は2弾の脳内デッキ検証を記事にしてみたいと

思います。破壊王子さんのブログで2弾の情報が

かなり詳しく載っていたため、ある程度妄想することが

できますね。破壊王子さん勝手に情報使ってスイマセン。

まず2弾以降についてバ○ダイさんにつっこみを

入れたい点が…まずカードの能力的な部分。

1弾のカードより能力が強いというのはまあ当たり前

ですね。原作に沿って稼動していくわけですから。

注目の2枚は少年悟飯とセルですね。

悟飯→アタックレベル グー3・チョキ2・パー2

超サイヤ人2 スピンレベル+2

セル→アタックレベル グー4・チョキ3・パー2

スピンレベル+1・対戦相手のスピンレベル−1

HPとATは判明していませんが、おそらく

HP2800AT2800前後の能力になると

思われます。ちなみに既に判明しているSS3悟空の

能力がHP3400AT3700(逆だったかな?)

のようなので、1弾のカードとの間をとると

2800前後くらいという予想です。

コストは悟飯もセルもおそらく2でしょう。

今後もっと強力なカードが登場することが決定して

いる以上。2弾の時点でコスト3とかのカードを

出してしまうと今後のカードのコストのバランスが

とれなくなってしまいますから。。。

でっ!つっこみを入れたいのは、アタックレベルに

ついて。両方とも1弾のカードに比べて初期アタックレベル

が高いですよね?コストが高いから当然だという方も

いらっしゃるかもしれませんが、HPとATが1弾の

コスト1のカードより高い時点でコストのバランスは

とれています。アタックレベルまで1弾のカードより

性能をよくする必要はないと思います。上限は3くらいで

固定が理想でしょう。コストが高い分能力は強いが

アタックカードの選択が限られるためアタックレベルを

一気に上昇させるのが難しい。このような形でないと

バランスがとれないですよね。セルなどは、スマッシュが

初めから4のようなので、コスト0のスマッシュ+4の

カードを使えば、スマッシュは全的BBですよ…

なんのためのルーレット制なのでしょう。

一番の売りのシステムをバ○ダイみずからが

破壊してしまっています。

初めから全的BBにしたいのならコストの高い

アタックカードを使用しなければならない→

そうなるとコストの高いバトルカードはHPとATは

高いがアタックレベルの点では低コストのバトルカード

には劣る。このようなバランスの取り方を期待して

いたんですけどね〜。。。3弾以降でも

HP・ATが上昇は当然として、さらに初期アタックレベルも

2弾のカードより上昇というようなことになりそうで

心配です。バ○ダイさん初期アタックレベルの数値については

しっかりと検討した方がいいと思いますよ〜。

さて、ぐちはこの辺にしておいて、脳内検証のことでも。。。

おそらくセルと少年悟飯の2大勢力になるのでしょうが

どちらがすぐれているのでしょうか??

HPとATにはそれほど差がないと予想できます。

アタックレベルはセルの方が優秀です。

セルの方の特殊能力は1弾のものと名前が同じなので

相手のドラゴンスパークを1度無効にする。

ドラゴンシグナルの消灯を一つだけなしにする。

このような能力と予想できます。

悟飯の方の特殊能力は親子の絆という初めての能力の

ため、内容がわかりません。ドラゴンスパーク発動と

関連した能力だとは思いますが。。。

そうだとすると、セルには瞬間移動があるため

ドラゴンスパークは発動しにくいですね〜。。。

このように考えていくと、大会等はセルばっかりに

なりそうという気もしてきます。

しかし、セル同士を使うとなるとある問題が、、、

スピンレベルは+1ですが、相手のスピンレベルを−1

にする能力を持っているため、セル同士だと

お互いスピンレベルは0ということになります。

スピンレベル0で狙って大技を出すのはとても難しいです。

その点悟飯はスピンレベルが+2なのでセルの特殊能力で

−されてもまだ1残りますね。スピンレベルは1でも

あれば、ある程度狙っていけますのでこの点は大きいです。

しかし、セル対悟飯だとスピンレベルはお互い1同士に

なるので、やっぱりセルの方が強いような感じです。

しかもスマッシュは初めから全的BBにデッキ構築しやすい

でしょうから、スピンレベルが0でもBB発動は狙える

んですよね〜。。。悟飯の親子の絆の効果次第ですが

2大勢力というよりは、セルだけの1大勢力になって

しまう可能性ありですね…期待するのは、シクレの存在

でしょうか?1弾の爆悟空のように、爆悟飯の付加効果版

だとすれば、セルに対抗できるカードになるかも

しれません。また、強さのインフレ・ゲームバランスの崩壊

という、同じ過ちが起こる可能性が高いような気がしています。

バトルに強いものを使うと能力は高いが、

アタックレベルなどの点で不利。

バトルに弱いカードを使うと能力は低いが、

アタックレベルなどの点で有利。

このような図式にするのは、難しくないと思うんですけどね〜

カードの効果を考えるだけで実際に旧弾のカードとの

バランスをプレイなどで検証していないのでしょうか??

ドラダスの人気が下がった理由の一つにゲームバランスの

崩壊が関係しているのかどうかは定かではありませんが、

みなさんの意見を聞いていると、全くの無関係という

わけでもないように思うため、バ○ダイさんには

この辺しっかりと考えて欲しいと思います。

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 21:33| Comment(5) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

ゴジータ…

こんばんは。

先日、超カードゲームスペシャルパック2のセットを

オクにて落札しました。まだ手元に届いていませんが、

それが届くと、未所持のバーコードカードは

プラゴジだけになります。プラゴジ現状ではほんとに

手に入れることが難しくなってきました。

現在では、2つだけしか出品されておらず、その値段は

とても買う気がしない値段です。。。一時期は

3万円台にまで相場が落ちたのですが、その時に

手に入れるべきだったのか?と多少後悔しています。

再配布されるのならその値段でも後々損になるような

気がしたのでちょっと慎重になりすぎました。

(しかも安く落札できたと思っていたものはいわく

つきの商品…)

つい先日プラゴジが出品されてましたが、最終の落札価格は

61000円!下がると思っていた相場が上がって

しまいました。。。破壊王子さんのブログを見ていて

7連勝プロモを手に入れたという記事に多少触発されて

います。それと、あるオークションの質問欄を見ていて

気になったことがあります。プラゴジに模様ありのものと

模様なしのものがあると聞いたのですが。。。みたいな

質問でした。この噂って私のせいでしょうか??

それとも巷では本当にこのような噂になっているのかな〜?

ただ、ドラダス関係のブログなどを見ていてもそんな

ことは一切噂にもなってないので、偶然私のブログを

見ていた方の質問なのかもしれないですね〜。。。

本当にある噂だっとしたらかなり気になるところです。

再配布もはやくても潜在能力開放後にせざるを得ないよう

ですし、しばらくは手にすることができそうにないです。

しかも再配布されたとしてもその競争率はかなりのものに

すると言っていたので、自力で手に入れることができるか

どうかすらわかりませんしね〜。。。ここまできたら

バーコードカードだけはなんとしても揃えたいので、

再配布を期待して気長に待つしかないです。。。

それにしてもバ○ダイさんってゴジータが好きなんですかね〜

最近の希少なプロモはゴジータばかりじゃないですか。

みなさんにフルコンプの報告ができる日を信じて、、、

それでは今日はここまでです。

書き忘れたことが、それと明日は新入社員の歓迎会で

飲み会がありますので、私は更新をお休みします。

相方の機嫌がよければキラキラブログの更新が

あると思うのでお楽しみに笑
posted by 書士 at 21:17| Comment(7) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

2弾3弾の展望

こんばんは。

色々な方と話してみても2弾以降でどんなカードが登場

していくのかという部分に結構興味が向いてますよね。

2弾は人造人間・セル編であろうと予想できるのですが、

引っ張るためにこれを2つに分けるでしょうか?

考えてみましたが、セル編を2つに分けるという

ことはないように思いますね。セル編を2つに

わけたとしたら2弾では、セルの第1か第2形態

くらいまでになりますよね?超サイヤ人のべジータや

トランクスなども登場するのでしょうが、

1つの弾としてみるとキャラに魅力がなすぎますよね…

ということで2弾は、SS2悟飯もパーフェクトセルも

登場するのではないかと思います。これならば

キャラの魅力という点では十分ですね。

2弾では神コロ様がキラ化される最後のチャンスだと

思っていますので期待しています笑

では3弾はどうかというと、、、おそらくブウ編に

なるわけですが、これは分けた方がいいように思います。

ブウ編を分けないとしたらさすがにメインを張れそうな

キャラが多すぎますよね。破壊王子、SS3悟空、

ブウ各形態、ゴテンクス、べジット、アルティメット悟飯

他に、脇を固めることができるキャラとして、

SS2のべジータや悟空などもブウ編の登場形態です。

ブウ編を分けないのだとしたらせっかくメインを張れる

魅力があるキャラも結局脇役になってしまいますよね。

同じ弾の中で使用されるキャラはほとんど限定的に

なりますから。例えば人気のSS3悟空も

原作に準拠した強さという点では、悟飯、べジット、ブウ

などより下のわけですからある程度原作に沿って

カードの強さやレアリティを決定した場合には

脇役扱いになってしまいます。しかし、ブウ編を

ブウ悪が登場したあたりから前後にわかるとすれば、

前編では、破壊王子、ブウ善・悪、SS3悟空

あたりがしっかりとメインを張れますし、脇もSS2キャラ

などで固めることができます。後編(4弾)では、

アルティメット悟飯やゴテンクス、ブウ、べジット

あたりがメインを張るキャラになるでしょう。

(前の弾のキャラが使えなくなってしまうというのは

今の○○編という稼動の仕方ではある程度仕方ないと

いうのは前提の話ですよ)

ですので、2弾は人造人間編を分けずに稼動させ、

3弾はブウ編を分けて前編あたりにすると私は

個人的に予想しています。というかブウ編だけは

ぜひわけて欲しい。。。さすがに上に書いたような

キャラが一斉に登場すると、破壊王子がレアなんて

ことにもなりかねないですからね…

人気が下がっているみたいですが、私はまだまだ収集を

続けていくつもりですし、今後が楽しみですね!

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 21:03| Comment(8) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

大会デッキ

こんばんは。

本日、カードファイターさんを介したトレードが成立して

爆烈1弾ファイル用含めた2枚ずつ揃えることが

できました。トータルの差引投入額は15000円くらい。

シクレ悟空が1枚だぶついているので、これも捌く

つもりですので、12000円くらいの投資という計算です。

交換は偶然家が近い方とだったので、梅田で待ち合わせ

をして直接交換してきました。知り合い以外と直接トレード

するのは初めてです。

本題に入ります。爆烈になって、参加可能な大会には

何度が参加してきましたが、どこに行っても基本的には

悟空・フリーザ(主にムキムキ)の2大勢力ですね。

特に上位に上がってくるデッキは私が参加した大会では

ほとんどがシクレ悟空です。現段階では、バトルにしても

アタックにしても大会で活躍するカードは爆烈の1弾の

カードしかないため、デッキも限られてくるのですが、

大体上に上がってくるのが、

@シクレ悟空・反撃の機会等・WE〜(20倍界王拳)

Aシクレ悟空・冷静な判断等・WE〜

この辺のデッキですね。Aのデッキは、コストフリーの

ときにしか使用できません。

私はというと、コストに関係なく@のデッキを使用して

います。カウンターのアタックレベルを6まで

上げてあるので、意識的にBBを狙いやすいからです。

もちろんリスクもあります。スマッシュとラッシュは

一切上げてないため、この2つの手のダメージは

あまり高くなく結構ストレスです。WE〜でATを上げて

あるのでそれなりのダメージは与えることはできますけどね。

コスト4の制限の大会はともかくとして、

コストフリーの大会ではどちらの系統のデッキを選択

すべきかは、人によりけりだと思います。

@のデッキはSとRの攻撃力を犠牲にして

CのBBを狙いやすくしているため、Cが警戒されやすく

出し手も結構限定されがちです。

しかし、その分カウンターのアイコを勝ちに変えることが

できるというメリットは非常に大きいです。

AのデッキならSRCのうち2つの手の攻撃力を

上げています。冷静な判断を使用しているとすれば、

ラッシュとカウンターが両方5です。

5まで上げているとBBはルーレットに出現しますが

かなり的がせまく意図して狙うのは至難の技です。

しかし、ラッシュでもカウンターでも2回攻撃を

当てれば、WE〜使用のシクレ悟空もしとめることが

できます。@のデッキだと、カウンター以外なら

3回以上は攻撃を当てないとWE〜使用の悟空は

倒せません。ですので、コストフリーの大会のときには

ご自身のルーレットの技術によって@系かA系か

デッキを分ければいいと思います。目安は、

「2ラウンド目」にアタックレベルを6上げている手の

BBを練習で最低でも2回に1回くらいは止めることが

できる(早押し判定に負けないためできるだけはやく)

くらいなら@系のデッキで、BBを活用することを

戦略に入れてもいいと思います。大会のときには

練習のときより確実にルーレットの技術が下がります。

(私がびびりすぎてるだけかもしれませんが…)

ですから練習でそれくらはとめれないと戦略の主軸に

するのはちょっと不安です。3ラウンド目以降は

練習ならほぼ確実にとめれないとだめです。

それよりも狙える確率が低い方は、Aのデッキを

使用した方がいいように思います。実際に日曜に

参加した大会では、決勝でこのデッキに負けました。

@のデッキがカウンターを上げているのに対して、

Aはラッシュのレベルも5まで上げているため

バランスよく戦えるんですよね。カウンターのBBは

たしかに怖いですが、ラッシュを活かせば相手も

カウンターはおしづらいはずですしね。

BBを活かしやすいデッキにすべきかどうかの

判断として、一度みなさんのルーレット技術が

どのくらいか練習で把握してみてはいかがでしょうか?

それでは今日はここまでです。
posted by 書士 at 20:21| Comment(8) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

大会の結果など

こんばんは。

本日は大会に参加できると思っていなかったのですが、

ひろにいが今まで行ったことのないところで大会が

開催されるというのも見つけてくれたため、参加

してきました。午後からだったので、午前中は相方が

買いたいものがあるというのでショッピングモールへ

お目当てのものは見つからず、ドラを数プレイ。

レアの第三形態のフリーザがでました。

レアですが、このカードはとても欲しかったため

満足です!その後、大会へ行きました。先着だったの

ですが、1日前には申し込みをなぜかしめきったため

参加者は8人。しかもラブ&ドラゴンさんのところと

ひろにいのところと私と相方という知り合いだけの

大会になってしまいました。

優勝のカードを狙うにはいいチャンスです!

本日はなぜかコストフリーだったため

私は、第三形態フリーザ・狙いすました攻撃・WE〜

で参加し、相方は、爆悟空・狙いすました・WE〜

で参加しました。知り合いだけなのでさらっと

結果だけ書きますが、私はまたしても1回戦負け…

相方が準優勝で、ラブ&ドラゴンさんJrが優勝でした!

準優勝のカードは参加賞カードとまったく同じ絵柄に

裏に銀箔で天下一認定証と書いてありました。

表もなんか工夫がされているのだと思っていたので

少々がっかりです。

まだまだデッキの検証不足ですが、

第三形態フリーザは結構つよいですね〜。

コストが4のときには、

フリーザ・反撃の機会・WE〜でよくプレイします。

WE〜の効果でHP・ATともに60%アップ。

爆烈では、ATをあげると結構ダメージがアップ

するんですよね。しかもHPも1000以上

上昇しますし、なかなか強力です。さらに、

うまく15〜30%までに体力が削られると

変身のおまけつき。なかなか戦いやすいと思いました。

それと、微妙と思っていた超サイヤ人悟空は

結構強いですね!特にドラゴンスパークを発動させると

全てのアタックレベルが2倍になるため、

レアの戦闘のエキスパート系をスキャンしていると

ドラゴンスパーク発動=BB×2となります。

コストフリーなら、悟空・戦闘のエキスパート系・WE〜

だとかなり活躍できますね!

コストが通常の4だとなにか犠牲にしないといけません。

ドラゴンスパーク時にWBBで戦いたいのなら

アタックにはコスト1のレアカードをスキャンする

必要があるため、WE〜でパラメーターを大きく上昇

させることはできません。

アタックをコスト0のノーマルのすると、

3枚目にWE〜などをスキャンできるため

パラメーターは大きく上昇しますが、SRCの

うちどれか一つしかあげることができないため、

ドラゴンスパーク時にはBBは一つだけです。

ですから、例としては

@悟空・強烈な一撃、絶え間ない連打、反撃の機会・WE〜

A悟空・とらえきれない、みなぎる、WE〜

B悟空・戦闘のエキスパート、冷静な判断、狙いすました・防御

このようなデッキが組めます。

(もちろんもっとたくさんありますが)

@は、一つの手を+4と大きく上げるので

ドラゴンスパークを発動させなくても一つ大きな武器が

あるような状態です。WE〜によってATも上がって

いるのでそれなりの攻撃力も期待できますし、

フルパワーフリーザの攻撃にも1撃ではやられない

体力を持ちます。ただし、スパーク発動時のBBは

一つだけです。

Aも同じく一つの手だけ上昇させるのですが、

アタックレベルの上昇値は+2と控えめです。

このときにスマッシュをあげてしまうと、

+2で合計3となってしまい、たとえスパークを発動

させても6としかならず、的が全てBBには

ならないので注意してください。

@よりもいい点は、ドラゴンシグナルが一つ点灯

状態でスタートするので、ドラゴンスパークを

相手より早く発動できる可能性が高まります。

@より悪い点は、アタックレベルの上昇値が低いので

ちょっと物足りないところがあります。

あとは同じようなもんですね。

Bは、ドラゴンスパーク時に、BB×2というのが

最大のメリットです。WE〜による能力の大幅

アップはないですが、スパークを発動させると

非常に力を発揮します。防御がついているので、

狙ってドラゴンスパークを発動させやすいのも

特徴です。@、Aと比べてHPが低いのが弱点と

いえます。まだまだ検証不足でスイマセン。

それにしてもシクレ悟空は、ドラゴンスパークを

1度だけ無効にするのでいいですね〜

私はまだ所有してないのですが、実際戦わせた姿を

見ていたら非常に欲しくなってきました笑

それと、昨日Z2の方が好みということを書きましたが、

爆烈も非常に奥が深くておもしろいですね!!

Z2がすきなのはいうまでもありませんが、

爆烈も駆け引き、戦略色々と考えることが多く

おもしろいです。今後、アタックレベル、ゾーンレベル

スピンレベルのどれを特化させるのがいいのか?

などいくらでも検証の余地はありそうです。

爆烈。思ったよりおもしろいゲームに仕上がって

いますね!!私としてはこれからもZ2同様

かなり楽しめそうです。

かなり焦って書いたので、文章があまり整って

いませんがご了承ください。

それでは今日はここまでです。

本日までの収集状況。

本日、弟と相方が練習でプレイしてみたいと

合わせて6クレ使用。その6クレで

フルパワーと亀仙人が排出されました笑

ということで、自己投資23クレ・+6クレ

爆悟空・烈フリーザ・亀仙人となりました。

まだまだ未所有レアなども多いですが、

比較的順調に集まっていると思います。

これからものんびり集めていくつもりです。



posted by 書士 at 21:45| Comment(7) | TrackBack(0) | データカードダス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。